東大とソフトバンクが共同で本郷と竹芝にAI研究所を開設、10年間で200億円規模を投資

次の記事

Uberが昨年の性的暴力事例2936件を公表

東京大学とソフトバンクは12月6日、Beyond AI研究所の開設および研究成果の事業化に向けた取り組みに関する協定を提携したことを発表した。ソフトバンク本体やそのほかのグループ会社で10年間で200億円規模の取り組みを目指す。

2020年春ごろを目標に基礎研究領域の研究所を東大本郷キャンバス、2020年冬ごろを目標に応用研究領域の研究所をソフトバンクの竹芝新オフィスにそれぞれ設置する。メンバーは150人ほどになる。なおソフトバンク内には40人ほどの候補がおり、研究所の入所を働きかけていくという。両研究所は国立情報学研究所(NII)が全国規模で構築・運用している100Gbpsクラスの情報通信ネットワーク「SINET」(サイネット)で接続されており、研究から事業化までも一気通貫で実現する体制を構築する。なおSINETには東大のほか、北海道大学、東北大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学も接続している。

具体的な取り組みとしては、海外の有力大学から研究者を招聘するなどして最高レベルかつ最先端のAI研究を進めていくほか、ジョイントベンチャーを制度を活用して研究成果を短期間で事業化していく。ベンチャーの創出については、ソフトバンク系でAI関連の事業に投資しているディープコアと、東京大学協創プラットフォーム開発、東京大学関連ベンチャーキャピタルとも連携する。

Beyond AI研究所の研究テーマとして検討されているのは、基礎研究領域としてSuper-AIとHybird-AI、応用研究領域としてJV-Platformがある。Super-AIはビックデータの解析などを通じて社会的課題などを含むAI周辺技術の基礎研究領域、Hybird-AIはAIとほかの分野の研究の融合を図る未踏の領域だ。ほかの分野としては例に挙げているのは量子物理、ロボティクス、人工生命など。またJV-Platformは、研究成果を短時間で事業化することを目指し、ベンチャー(スタートアップ)を起業しやすくするためのプラットフォームを構築する。JV-Platformでは、健康医療や公共・社会インフラ、製造領域などの事業化を想定している。