Canva

Canvaがビデオ編集機能を導入、2020年に向け大きな計画も

次の記事

Snapchatは自分の顔でディープフェイクできるCameoをテスト中

これまでに約2億5000万ドル(約270億円)を調達したデザイン会社のCanvaは12月6日、ビデオ編集ツールなど数々の新機能を発表した。

同社はまた、開発者・ユーザー問わず同じようにCanva上で開発できるCanva Appsを発表した。これまでのところ、Dropbox、Google Drive、PhotoMosh、Instagramは既にCanva Appsスイートに含まれておりすでに計30個のアプリが利用可能だ。ビデオ編集ツールにより、経験がなくても簡単に編集できるほか、ビデオや音楽などのコンテンツライブラリ、ビデオテンプレート、使いやすいアニメーションツールも利用できる。

Canva for Educationで若いユーザーの獲得も狙っている。完全無料の製品であり、オーストラリアの学校でベータ版としてリリースされた。GSuiteやGoogle Classroomと統合しており、学生が進めるプロジェクトを先生が閲覧・加筆修正できる。

さらにCanva for Desktopも発表した。組織を経営し機能させるためにデザインの重要性が高まると、成長を阻害する要因となるのは、新しいデザイナーが登場し労働市場に参加するスピードとなる。

Canvaは、非デザイナー向けデザインツールとしての地位を確立した。デザインの経験がほとんど、あるいはまったくなくても、何かを美しく簡単に作成できる。ビデオ編集ツールとCanva for Educationによりその特徴が強化され、プラットフォーム自体のユーザーが増えるだけでなく、エコシステムに参加する新しいデザイナーが成熟するための環境が整う。

Canva CEOのMelanie Perkins(メラニー・パーキンス)氏は発表と同時に、同社がPledge 1%に参加し、世界をより良くするために、株式、利益、就業時間、その他の経営資源の1%を社会に還元することも明らかにした。

パーキンス氏が声明で述べた内容は次のとおりだ。

企業は、我々が住む世界を形成する大きな役割を担っている。Pledge 1%は、就業時間、経営資源、製品、株式を活用する素晴らしいプログラムだと思う。「悪いことをしない」という古い格言は今日ではもはや不十分だと考えており、「善きことの力になる」という我々の価値感に沿って行動したい。

興味深いことに、Canvaがデザインの流れの最上位に位置したことによって成長が遅れることはなかった。実際、同社は最近、企業向けの製品を立ち上げ、デザイン部門以外の組織のあらゆる人々が、デザインシステムやブランド美学といった分野で、独自のスライド、プレゼンテーション、素材などを作成できるようにした。

2019年にはCanvaで10億件のデザインが、プラットフォームの立ち上げ以来20億件のデザインが作成された。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)