コカ・コーラ ボトラーズジャパン

コカ・コーラの小規模オフィス向け簡易自販機でOrigami PayやPaidy翌月払いが可能に

次の記事

約10万ページの法律書籍を自由に横断検索・閲覧できる「Legal Library」が正式公開

Origamiは12月9日は、コカ・コーラ ボトラーズジャパンが運営する小規模オフィス向け飲料提供サービス「Coke mini」(コークミニ)でOrigami Pay決済が可能になったことを発表した。

コカ・コーラは街中などに設置している自社展開の自販機に「Coke ON Pay」機能を搭載し、すでにキャッシュレスを実現していた。Coke ON Pay自販機にスマートフォンにインストールした「Coke ON」を起動した状態で近付けるとBluetoothで自動ペアリングして、スマートフォンの画面から商品を選ぶことでキャッシュレスで飲料を購入できる。Coke ON Payに紐付けられる決済手段は、クレジットカードのほか、交通系電子マネー、nanaco、楽天Edy、WAON、LINE Pay、PayPayとなっていた。

今回Origami Payが対応したのは、小型の冷蔵庫とQRコードリーダーを備えた簡易自販機のCoke mini。幅424×奥行き440×高さ844mmとコンパクトかつ、機材費と設置工事費はともに無料なので、少人数のオフィスなどに適している。品揃えは利用者が選択でき、最大で7品目の販売が可能だ。現在Coke miniは、東京都内のほか、仙台市周辺、名古屋駅周辺、大阪市の一部、福岡市の博多区と中央区で利用できる。

同日に、PaidyもCoke mini自販機への対応を発表。「Paidy翌月払い」により飲料の購入代金を翌月にまとめて支払える。