New Shepard
Blue Origin

ベゾスのBlue OriginがNew Shepardを打ち上げ予定、ブースター再使用の拡大目指す

次の記事

農家へ資金を貸し付けるProducePayが207億円の融資枠を確保

Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)が設立した宇宙開発企業であるBlue Origin(ブルー・オリジン)は米国時間12月10日に打ち上げを予定している。打ち上げ時間は米国中央標準時で午前8時30分(日本時間12月10日午後11時30分)に設定されている。打ち上げのライブ配信は、打ち上げの約30分前から始まる。

New ShepardロケットがBlue OriginのWest Texasの発射施設から打ち上げられる。天候が適さない可能性もあるため、チームは状況を見守り、延期しなければならない場合にはその旨が伝えられる。

今回の打ち上げはいくつかの理由で注目に値する。すでに5回使われた再使用可能なブースターが6回目の打ち上げに用いられる。New Shepardは弾道飛行を行うロケットであり、子どもたちを宇宙科学や探査に参加させることを目的としたBlue Originの非営利団体であるClub for the Futureを通じて、子どもたちから寄せられた何千通もの手紙や実験機器などの物資を搭載する予定だ。

【更新1】気象状況により、Blue Originは米国中部標準時の午前10時30分(日本時間12月11日午前1時30分)にロケットを打ち上げる予定だ。

【更新2】気象状況が改善されないため、Blue Originは米国時間12月10日の打ち上げを取りやめ、翌12月11日午前中に再度打ち上げを行うかを後ほど決定する。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter