東証マザーズ
ORCA
NaClメディカル
メドレー

医療プラットフォーム事業展開のメドレーが東証マザーズ上場、公開価格1300円で初日終値1255円

次の記事

Nyxoがアプリベースの睡眠コーチングプログラムを提供

複数の医療プラットフォーム事業を展開しているメドレーは12月12日、東証マザーズ市場に上場した。主幹事証券会社は大和証券で、公募253万株、売り出し1123万株、オーバーアロットメントによる売り出しが206万4000株となる。オーバーアロットメントとは、当初の募集・売出予定株数を超える需要があった場合に実施される株式の販売方法。主幹事証券会社が対象会社の株主から一時的に株式を借り、売出予定株数を超える株式を、募集・売出しと同じ条件で追加販売すること。

公開価格は1300円で初値はそれを30円下回る1270円をつけた。12月12日の最高値は9時5分につけた1350円で終値は1255円。時価総額346億6900万円。

同社の具体的な事業内容は、人材採用システムの「ジョブメドレー」、クラウド診療支援システムの「CLINICS」、医療メディアの「MEDLEY」、介護施設検索サイト「介護のほんね」など。累計登録会員数は2019年9月末時点で53.3万人。顧客事業所数は17.5万カ所となっている。

直近の業績は、2018年12月を決算期とする2018年度(2018年1月〜12月、単独)は売上高29億3300万円、営業損失1億円、経常損失8700万円、当期純損失は1億5300万円。2019年度(2019年1月〜12月、連結)の予想は、売上高46億7700万円、営業利益8000万円、経常利益8100万円、当期純損失4億1400万円。

なお、2019年度の業績予想が連結になっているのは、同年3月に日本医師会標準レセプトソフト「ORCA」(医事会計ソフトウエア)を受託開発していたNaClメディカルを買収したことによるもの。なお、ORCAの運営を担っている日本医師会ORCA管理機構は、ORCA事業の継続性および保険請求基盤の維持発展という目的で、従来は無料で使えていたORCAの一部機能の有償化を決定。実際にはORCA自体はオープンソースで開発されているので無償で利用できるが、その周辺サービスが有償になる。利用者は2020年1月以降、月額利用料の支払いが必要になる。有償化はメドレーがNaClメディカルを買収したあとに発表された内容だが、ORCA管理機構の方針でメドレーと直接の関係はない。

関連記事
医療×ITの土壌作りへメドレーが30億円規模の出資プロジェクト、鍵は技術のオープン化
医療系スタートアップのメドレーが三井住友海上、MRT、グリーから3億円を調達

【2019.12.14 10:00訂正】メドレーの2018年度の売上と営業損失の額に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。