Fbメッセンジャーにスター・ウォーズのスタンプとARエフェクトが登場

次の記事

Atlassianがサーバーレス込みのクラウド開発プラットホームを立ち上げ

Facebook Messengerにスター・ウォーズがやってきた。米国時間12月12日、Facebookはスター・ウォーズをテーマにした新機能をMessengerユーザーに提供開始したことを発表した。チャットテーマ、リアクション、スタンプ、ARエフェクトなどがある。ディズニーとの提携によって、近日公開の映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」のプロモーションの一環として行われる。映画は12月20日に日米同時公開される。

スタンプとリアクションでは、フォースの両サイドのキャラクターを使ってユーザーの気持ちを表現できる、とFacebookは言っている。例えば、フィンのように笑い、レイのように驚き、C-3POのように泣き、カイロのように怒りを表したり、BB-8にサムズアップをストームトルーパーにサムズダウンしたりできる。さらにディズニーは、写真や自撮り、ビデオ通話などで使用できる限定版のARエフェクトも作成した。

例えば、ライトスピード・エフェクトは、ハイパースペースに飛び込むように見せることができる。コックピット・エフェクトでは、レジスタンスの一員となってポー・ダメロンのXウィングに乗って銀河系を飛び回る。ダーク vs ライト・エフェクトでは、フォースのどちらのサイドかを選ぶことができる。

スター・ウォーズのチャットテーマもある。Messengerスレッドの設定から選ぶことができて、メッセージがまるで宇宙を飛んでいるようになる(設定画面はスレッド名をタップすると出てくる。通常はチャットメンバーの名前だが、誰かが名前を変更している場合もある)。どの機能も無料で使える。

日本語版では設定画面の「カラー」からテーマを選べる

ディズニーが主要IT企業と提携してスター・ウォーズの大型マーケティングを行うのはこれが初めてではない。2015年に ディズニーはGoogleと組んでGmail、YouTube、Googleマップ、Chromeなどのアプリで、ライトサイド・エフェクトかダークサイド・エフェクトのテーマを作る新しいツールを開発した。同じ年にFacebookも、プロフィール写真をスター・ウォーズのテーマに変えて、ダークサイドのクロスガード・ライトセーバーかライトサイドのブルーを選んでポーズを取れるようにした。

そして2017年、GoogleはARスタンプアプリを開発し、ライセンスされたスター・ウォーズのキャラクターを使って「最後のジェダイ」のプロモーションを行った。Appleも例外ではない。Clipsアプリの改訂版で、同じく「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のミレニアム・ファルコンやメガスター・デストロイヤーなどを使った「自撮りシーン」を提供した。

この手のコラボレーションは双方にとってメリットがある。今回のMessengerパートナーシップで、ディズニーはMessengerの10億人以上のユーザーに新作映画を宣伝できる。一方Facebookは、競争の激しいメッセージングアプリ市場で自社のMessengerアプリの利用を促進し定着率を上げることができる。過去のパートナーシップと同じく、金銭のやり取りは発生していない。

新しいスター・ウォーズ機能は、米国時間12月12日からMessengerで利用できる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook