RCSメッセージが米国のAndroidユーザー向けに提供開始

次の記事

飲食店の無断キャンセルや後払いのリスクを保証するGardiaが伊藤忠商事の子会社に

今週末、米国のAndroidユーザーにちょっとしたサプライズがある。メッセージサービスであるRich Communication Services(RCS)が、Google(グーグル)により予定より少々早く開始されるようだ。同社は11月、この機能を年末までに米国内のAndroidユーザーに提供すると発表していた。

Android Messagesのプロダクトマネージャーを務めるSanaz Ahari(サナズ・アハリ)氏のツイートによると、このSMSの後継サービスは米国で今週から利用できるようになったという。また、この新しいプロトコルはメッセージングの中心的存在であるSMSに重要な進歩をもたらすとしている。

今回のアップデートでは、グリーンの吹き出しで知られるiOSで多くのユーザーを獲得してきたApple(アップル)の標準プロトコルであるiMessageと比べて多くの機能が追加された。主な機能としては、既読の確認、他のユーザーの入力をリアルタイムで見る機能、ファイルの転送サイズの拡大、グループメッセージングの改善などがある(ただし、端末間での暗号化などの一部の機能はまだ不足している)。

特筆すべきは、10月に米国の4つの主要通信事業者がRCSの導入を促進するために、まれな共同作業を行ったことである。一方、英国とフランスのユーザーは今夏からこの機能を利用でき、さらに多くの国にも展開する予定だ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter