クラウドソーシングサービス運営のランサーズが東証マザーズ上場、公開価格730円で初日終値779円

次の記事

機械学習のDataRobotが前処理のPaxata買収、プラットフォーム強化へ

クラウドソーシングサービス事業を展開しているランサーズは12月16日、東証マザーズ市場に上場した。主幹事証券会社は大和証券で、公募160万株、売り出し100万8700万株、オーバーアロットメントによる売り出しが39万1300株となる。オーバーアロットメントとは、当初の募集・売出予定株数を超える需要があった場合に実施される株式の販売方法。主幹事証券会社が対象会社の株主から一時的に株式を借り、売出予定株数を超える株式を、募集・売出しと同じ条件で追加販売すること。

公開価格は730円で初値はそれを100円超上回る842円となった。12月16日の最高値は9時34分につけた960円で、初日終値は779円となった。12月16日15時時点の時価総額は120億7800万円。

同社は、フリーランスや副業を考えている個人と企業をマッチングさせるサービスを展開。経営コンサルタントやライター、エンジニアなどのスキルを持つ個人が希望時間単価を提示して、企業などから仕事を請け負うことができる。

直近の業績は、2019年3月を決算期とする2018年度(2018年4月〜2019年3月)は売上高25億2200万円、営業損失2億200万円、経常損失9300万円、当期純損失は1700万円。2020年度(2019年4月〜2020年3月)の予想は、売上高34億4100万円、営業損失5億1000万円、経常損失5億4900万円、当期純損失2億2500万円。

主な株主は、同社代表取締役社長CEOの秋好陽介氏が56.79%、グロービス4号ファンド投資事業有限責任組合(グロービス・キャピタル・パートナーズ)が8.97%、KDDIが5.24%などとなっている。

関連記事
ランサーズとアイレップが提携、クラウドソーシングを使ったコンテンツマーケ支援事業
ランサーズ、フリーランスが会社機能を持てる新サービス、第1弾は月額480円で法律・会計相談
ランサーズがパーソル、新生銀行から10億円を資金調達、派遣や融資など、働き方を広げる新サービスも