abc

アップルが米ABCと提携、「News」アプリ内で米大統領選挙ニュースを提供

次の記事

Instagramが偽コンテンツを警告画面で遮蔽、ただし政治家は対象外

Apple(アップル)は12月16日、2020年米大統領選挙のニュースをApple Newsアプリ内で提供することについて米ABCと提携すると発表した。このコラボは2020年2月7日にニューハンプシャーで開催される民主党の候補者討論会を皮切りに始まる。そして2020年米大統領選挙期間中、Newsアプリ内でABC Newsのビデオ、ライブストリーミング、FiveThirtyEight投票データ、インフォグラフィック、分析などを展開する。

「スーパー・チューズデー、共和党と民主党の全国大会、選挙討論会、投票日、そして2021年大統領就任式もカバーする」とアップルは表明している。ABC News、Apple News、そしてWMUR-TVはまた予備選挙開始後に最初に開催される2月の討論会でも提携する。

アップルがNewsアプリの中で米国の選挙に関する特集を組むのはこれが初めてではない。同社は2016年の物議を醸した選挙の後に選挙ニュースの提供を始めた。その選挙では、GoogleTwitter、そしてFacebookなどを含むテック大企業が自社のネットワーク上で展開されたロシアによる選挙介入で議会での尋問や調査に直面した。

ほどなくしてApple Newsは米中間選挙のセクションの展開を開始し、その後、2018年11月6日にリアルタイムでの選挙結果ハブを展開した。直近では、2020年民主党候補と討論のガイドを加えた。

信頼できるニュースプラットフォームに対する需要は、Newsアプリにおけるアップルの最優先事項だ。そしてアップルはABCが今年4つのエドワード・R・マロー賞を受賞したことにも言及している。ABCはまた、2020年大統領選に関するものとしてはこれまでで最も視聴された討論会を主催した。この討論会は今年9月に開かれ、ABCとUnivisionで1400万ビュー、オンラインビデオで1100万ビューがあった。

一方、FiveThirtyEightは統計分析、データ可視化、それから最新の投票追跡や候補の推薦、資金調達といった政治と選挙に関するレポートで知られている。「質の高いニュースや信頼できる情報へのアクセスはいつのときでも重要だが、特に選挙の年はそうだ」とApple Newsの編集長であるLauren Kern(ローレン・カーン)氏はコラボレーションに関する声明文で述べた。「毎日Apple Newsを利用している数百万のユーザーに、2020年の選挙という大きなニュースについての幅広い報道、そして信頼できる分析を提供するためにABC Newsと提携できることを誇りに思う」。

「今度の選挙は近代史の中で最も重大なものの1つだ。Apple Newsとの新たな提携では、我々のワールドクラスの政治ジャーナリズムをこれまでよりもさらに多くの人に届けることになる」とABC News会長のJames Goldston(ジェームズ・ゴールドストン)氏は話す。「2020年を通して率直な情報や知見、コンテクストを提供することで、より多くの人に主要な問題や候補者、イベントをより深く理解してもらうことができるはずだ」。

選挙ニュースでの提携に先立ち、Apple NewsはAxios、Politico、The Washington Post、Fox News、CNN、The New York Times、CBSなどさまざまなメディアと手を組んでいる。

今回アップルが報道パートナーとしてABCを選んだのは注目に値する。アップルはこれまで、ABCを所有するDisney(ディズニー)と近しい関係にあった。これはひとえにDisneyのCEO、Bob Iger(ボブ・アイガー)氏がアップルの共同創業者Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ)氏と親しく、ディズニーがジョブズ氏の会社Pixarを2006年に買収したことによるところが大きい。しかしDisney+のライバルであるApple TV+をアップルが立ち上げたことで、2社が競合関係にあるとしてアイガー氏はアップルの役員を辞任した。ただ、2020年の選挙報道での提携が示すように、2社は今後もときどきは協業できる。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)