Spotifyがこの10年間を振り返るオリジナルポッドキャストを配信

次の記事

App Annieが2019年のモバイルアプリやゲームのiOS/Android総合トップ10を発表

Spotify(スポティファイ)のポッドキャスト推しは続いている。米国時間12月16日に、10個のエピソードから構成されるポッドキャストのオリジナルシリーズ「The Decade Wrapped」(10年間のまとめ)が新たにリリースされた。Spotifyの年末の「Wrapped」(まとめ)キャンペーンから得られた知見やデータを活用したポッドキャストだ。WrappedはSpotifyが年に1度(今年は10年分)、その年最大の音楽のトレンドを振り返るものだが、それぞれのユーザーに合わせてパーソナライズされている。これに対してThe Decade Wrappedは、Spotifyユーザーがストリーミング再生したデータを集計して制作されている。

画像:stockcam / Getty Images

The Decade Wrappedには、ドレイク、ニッキー・ミナージュ、ワン・ダイレクション、ビヨンセといったアーティストや、ハーレムシェイクやDespacito(デスパシート)のような大きな流行が取り上げられている。Spotifyユーザーがアーティストや曲を何回ストリーミング再生したかに基づいて選ばれた。

ストリーミング再生の回数を紹介しよう。ニッキー・ミナージュの曲で最も人気のある「Bang Bang」は7億3000万回以上。ワン・ダイレクションの「What Makes You Beautiful」は2億7000万回以上。ビヨンセの「Halo」は 7億500万回以上。アリアナ・グランデの「hank u, next」は9億7300万回以上。 ケンドリック・ラマーの最大のヒット曲「Humble」は11億回以上。 マーク・ロンソンの「Uptown Funk」は10億8000万回以上。

ヒット曲の「デスパシート」は13億回以上、「江南(カンナム)スタイル」は2012年の登場以来2億500万回以上再生された。

The Decade WrappedポッドキャストのホストはEric Eddings(エリック・エディングズ)で、Robin Thede(ロビン・テド)、Hannah Bronfman(ハナー・ブロンフマン)、Lele Pons(レレ・ポンズ)といった評論家、コメディアン、インフルエンサー、ライターも出演している。こうした出演者がこの10年間にポップカルチャーを定義した音楽を振り返っている。

過去を懐かしく振り返るコンテンツは、エンターテインメントでは人気の形式だ。例えばケーブルテレビチャンネルのVH1が放送する「I Love the…」シリーズは、同局で最も人気のある番組のひとつだ。Spotifyが年末に配信するWrappedも、ソーシャルメディアにたくさんの投稿があるところを見ると多くのリスナーが楽しんでいるようだ。

The Decade Wrappedは、ポッドキャストのリスナーをSpotifyのサービスに引き寄せようとする一連の動きのうち最も新しいものだ。最近では、ユーザーが好きなトピックを選ぶとおすすめのポッドキャストがリコメンドされるようになった。Wrappedにポッドキャスターの指標が追加され、パーソナライズしたポッドキャストのプレイリスト機能が登場し、自分のプレイリストにポッドキャストを追加できるようになり、Spotify Studios、そして同社が買収したGimletParcastが制作する新しいオリジナルシリーズが次々に配信されている。

The Decade Wrappedの最初の3エピソードは米国時間12月16日から配信されていて、残りのエピソードは今週、毎日配信されるとSpotifyは発表している。このポッドキャストの詳しい内容はSpotifyのサイトで紹介されている。

[原文へ]

(翻訳:Kaori Koyama)