水や大豆、天然の香辛料を使うDaring Foodsの植物由来チキン、英国から米国に進出へ

次の記事

携帯基地局シェアリングのJTowerが東証マザーズ上場、公開価格1600円、初日終値は2600円

現在、肉を使わないバーガーにはいろんな製品や種類がある。しかし、本当に健康にいいものはどれだろうか?Daring Foods(ダーリン・フーズ)がもうすぐ、そんな製品を提供してくれるかもしれない。同社は5種類の遺伝子組み換えとは無縁な原料である、水、大豆、ひまわり油、塩そして天然の香味料(パプリカ、胡椒、ジンジャー、ナツメグ、メース、カルダモン)を使った植物由来のチキンを生産している。

Daring Foodsの共同創業者でCEOのRoss Mackay(ロス・マッケイ)氏は「世間の関心を呼ぶために、植物由来にこだわっているのではない。人々の生活の一部になりたくてやってるんだ。本当にヘルシーな植物由来の食品へのニーズは大きい」と語る。同社は今年の初めに、同社製品であるDaring Piecesの最初のバージョンを英国で発売した。

そして米国時間12月17日に同社は、英国の食品大手Rastelli Foods Groupから1000万ドル(約11億円)の支援を受けることを発表した。Rastelliは小売店などのほかにホテルやレストランにも食材を納めている企業だ。RastelliはDaringに対して、金銭だけでなくインフラや営業、流通面でも支援する。

Rastelliの支援を得たDaringは2月に英国で、ウェブサイトで消費者への直販を始め、レストランや小売店にも卸販売していく。また、同社は活動の中心を英国から米国に変えるために、本社をグラスゴーからニューヨークに移す。

CEOのマッケイ氏が私のためにランチを用意してくれた時に、Daring Piecesを試食する機会があった。調味料を使わずにフライパンで炒めただけで8分間で調理は終わった。彼は私にDaring Pieces のチキンらしさを感じるために手で食べることを勧めた。私はベジタリアンなのでチキンには詳しくないが、それでも本物に近い食感だと感じた。もう1ついただいたので家に持ち帰り、翌々日の夕食に食べた。

マッケイ氏自身もビーガンだが、同社のターゲットは「肉は食べるが植物由来のものがいい」と感じている一般消費者だ。彼によると、同社のチキンなどを植物性食肉の「第2世代の製品」したいと言う。第1世代よりも本格的にヘルシーで、日常的な食事に定着するような植物性食品を、彼は第2世代と呼んでいる。確かに、Daring Piecesは食感がとても軽い。また人工的な原料をまったく使っていないため、その点でも気持ちがいい。

関連記事: Seattle Food Tech looks to replace the chicken nugget with a plant-based copycat(航空宇宙技師から植物性チキンナゲットのスタートアップに転身、未訳)

画像クレジット: Daring Foods

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa