自然言語処理ライブラリ開発のHugging Faceが約16億円調達

次の記事

TC School #17「チームビルディング(4) 〜チームを拡大する〜」は2020年1月23日に開催決定!

Hugging Faceは、Lux Capitalがリードする投資ラウンドで、1500万ドル(約16億4200万円)の資金を調達した。同社が最初に開発したのは、AIの親友とチャットできるモバイルアプリで、暇を持て余した10代向けのチャットボットの一種だった。このスタートアップは、最近、自然言語処理アプリ用にオープンソースのライブラリをリリースし、大成功を収めている。

A.Capital、Betaworks、Richard Socher、Greg Brockman、Kevin Durantなども、今回の投資ラウンドに参加している。

Hugging Faceが、オリジナルのチャットボットアプリをリリースしたのは2017年初頭だった。同社はそのチャットボットが、カスタマーサポートでも使えるよくできたコマンドライン・インターフェイスである必要はないことを証明したいと考え、それから数カ月の間作業に取り組んだ。

Hugging Faceのアプリでは、デジタルの友人を自ら作り出し、その友人とメッセージのやり取りが行える。アプリはユーザーが考えていることを理解してくれるだけでなく、ユーザーの感情を察知して、その気持ちに合ったメッセージを返してくれる。

このチャットボットアプリ支えている技術は、確かなものだとわかっている。Lux CapitalのBrandon Reeves(ブランドン・リーブス)氏も書いているように、これまでコンピュータービジョンと画像処理に関しては多大な進歩があったが、自然言語処理は遅れをとっている。

Hugging FaceがリリースしたオープンソースのフレームワークであるTransformersは、これまでに100万回以上ダウンロードされた。GitHubプロジェクトとして、1万9000個ものスターを集めている。これはオープンソースのコミュニティが、開発用のパーツとして有用であることを認めている証拠だ。Google、Microsoft、Facebookなどの研究者も、これをあれこれいじり回している。

すでに、Hugging Faceのライブラリを製品に利用している会社もある。チャレンジャーバンクであるMonzoは、顧客サポート用のチャットボットに使っているし、Microsoft Bingでも利用している。フレームワークのTransformerはテキスト分類、情報の抽出、要約、テキストの生成た対話型の人工知能といったものに利用することも可能だ。

今回の投資ラウンドを受けて、同社はニューヨークとパリで従業員を3倍に増やす予定だ。

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)