携帯基地局シェアリング
JTOWER

携帯基地局シェアリングのJTowerが東証マザーズ上場、公開価格1600円、初日終値は2600円

次の記事

PS4の操作性を向上させるDUALSHOCK 4用の公式「背面ボタンアタッチメント」

携帯基地局のシェアリング事業を展開するJTowerは12月18日、東証マザーズ市場に上場した。主幹事証券会社は、SMBC日興証券、大和証券の2社。公募298万7000株、売り出し290万600株、オーバーアロットメント88万3900株。オーバーアロットメントとは、当初の募集・売出予定株数を超える需要があった場合に実施される株式の販売方法。主幹事証券会社が対象会社の株主から一時的に株式を借り、売出予定株数を超える株式を、募集・売出しと同じ条件で追加販売すること。

同社株の公開価格1600円だったが、初値はそこから1020円高い2620円となった。12月18日の終値は2600円、最高値は11時1分に付けた2748円で時価総額は503億2200万円。午前中に最高値を記録してから一時2300円まで株価は落ち込んだが、午後になって持ち直した。

同社の既存株主は、関連会社のカルティブが29.14%、NTTグループの持株会社である日本電信電話が21.21%、JTower社長の田中敦史氏が10.69%、JA三井リースが6.85%。以下、三菱UFJキャピタル(三菱UFJキャピタル4号投資事業有限責任組合)、日本郵政キャピタル、アイティーファーム(アイティーファームのぞみ投資事業有限責任組合)、INCJ、DBJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル(SMBC戦略出資1号投資事業有限責任組合)、みずほキャピタル(みずほ成長支援ファンド)など通信・金融機関系ファンドが名を連ねる。社長の田中氏は、イー・アクセスで常務執行役員などを務めていた人物だ。

同社は、2012年6月設立のスタートアップ。携帯基地局の建設にかかわる基地局本体やアンテナ、工事などの設備投資を請け負い、国内のほかベトナムやミャンマーなどの海外の携帯キャリアへ屋内基地局のシェアリング事業を展開している。なお、2019年1月にはマレーシアの携帯基地局のシェアリング事業最大手であるedotco(イードットコ)グループとの戦略的事業提携を締結。そして9月には、第5世代移動通信システムでのシェアリングモデルの推進に向け、日本電信電話と資本提携と業務提携を結んでいた。

詳しくは同社のプレスリリース一覧で確認できるが、2019年だけでも病院や大学、ホテル、オフィスビル、商業施設、劇場など40件以上の建物で基地局のシェアリングサービスを提供している。

関連記事:携帯電話の通信設備を屋内に設置するスタートアップ、JTOWERが10億円の資金調達を実施

そのほか、不動産事業者向けのクラウドWi-Fiソリューション、基地局の設置許可を得られたビルなどを所有する不動産事業者情報を集約したデータベース「SITE LOCATOR」などの提供している。

直近の業績は、2019年3月を決算期とする2019年度(2018年4月〜2019年3月)は売上高13億7700万円、営業損失1億6900万円、経常損失1億6600万円、当期純損失は2億1400万円。2020年度(2019年4月〜2020年3月)の予想は、売上高24億3900万円、営業損失1億6500万円、経常損失2億5800万円、当期純損失2億8900万円。

業績はすべて連結で、子会社・関連会社としては、ナビック、SOUTHERN STAR TELECOMMUNICATION EQUIPMENT JOINT STOCK COMPANY(ベトナム)、GNI MYANMAR COMPANY(ミャンマー)などがある。2019年3月期の連結売上高構成比は、国内事業62.7%、ベトナム事業33.0%、ソリューション事業4.3%となっている。

赤字状態でのマザーズ上場だが、初日の始値と終値の高さから、5G時代到来に向けた同社に対する市場の期待値がうかがえる。18日昼すぎに政府が2020年度当初予算案の一般会計総額を過去最大の102兆6600億円程度とする方針を固めたという報道がテレビ局などで流れ、その中で地域課題の解決に資する5Gの活用推進として70.1 億円を投下することが明らかになった。この発表後がJTOWERの本日午後の株価の上昇に好影響を与えたと思われる。詳しくは、総務省が公開している「令和2年度総務省所管予算概算要求の概要」で参照できる。