アップルがHomeKitの開発キットをオープンソース化

次の記事

Facebookが脱Googleへ、ハードウェアのソーシャル化に向けて新OSを開発中

Apple(アップル)は、HomeKitアクセサリー開発キットのオープンソース版を公開した。開発者は誰でもGitHubでフォークしたり、Homeアプリを開発してスマートホーム機器を統合できるようになった。

本日のニュースは、先ごろ発表されたモノのインターネットのオープンソース標準を作る業界全体の取組みであるConnected Home over IPプロジェクトに関連している。Apple、Amazon、GoogleとZigbee Allianceやスマートホームメーカーが協力して各社の製品がどこでも動くようにすることを目的としたプロジェクトだ。

関連記事:アマゾンやアップル、グーグル、Zigbeeがスマートホームのオープン標準化で協力

アップルは「コネクテッドホーム」の分野への参入が早かったにもかかわらず、HomeKitは出遅れている。Amazon AlexaとGoogleアシスタントの周辺アクセサリーが数多く出回っているのに対して、HomeKitの普及が遅いために、Siriで制御できるアクセサリーはごくわずかだ。

HomeKitをオープンソース化することで、アップルはより多くのホーム機器メーカーがHomeKitを統合することを期待している。ソースはすべてApacheライセンス2.0の下で公開される。

ただし、Next INpactが指摘するように、HomeKit互換のアクセサリーを販売するには、アップルの認証を取得する必要がある。もちろん同社と直接仕事をすることで、メーカーはWWDCで発表される前に未公開機能の情報を得られる可能性がある。

一部の開発者は、Homebridgeプロジェクトを通じてHomeKitのリバースエンジニアリングを行い、HomeKit互換製品を開発している。今回のオープンソース化によって、iPhone、iPadをはじめとするアップル製品でもっと多くの「つながる機器」を制御できるようになるのか注目したい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook