デスクトップ全体の広告ブロックと個人追跡を遮断する新ツール「Midnight」

次の記事

非上場スタートアップへの投資機会を増やす米証券取引委員会の提案

プライバシー保護に重点を置いたモバイルブラウザーのGhosteryを開発している同名の企業が、Midnightと呼ばれるツールを発表した。これは同社が開発した広告ブロックやプライバシー保護の機能を、すべてのデスクトップアプリケーションに導入可能にするものだ。

Ghosteryが以前にMidnightを発表したとき、社長であるJeremy Tillman(ジェレミー・ティルマン)氏は「ウェブブラウザーと同じ個人追跡技術がメールをはじめとして多くのデスクトップアプリケーションでも使われ始めている」とMidnightの開発動機を語った。なおGhostery自体委は2017年に、ドイツ拠点でアンチトラッキングブラウザーを開発しているスタートアップのCliqzに買収されている。

MidnightはMicrosoft Outlookのようなメールクライアントや、Spotifyのようなエンターテインメントサービスなど、デスクトップアプリケーションの広告やデータトラッカーをブロックするが、同じ意味でGhosteryのエクステンションをサポートしていないウェブブラウザーも保護する。ブロックする、しないはアプリケーションごとに指定できる。

またMidnightにはVPNがあるので、オンラインのアクティビティを暗号化・匿名化できる。ティルマン氏によると、Ghosteryのユーザーの多くがすでにVPNを使っているが、Midnightにも含めたことによって「エコシステムの全体を統合できる」という。Midnightは最初の試用期間が7日で、その後は月額14ドルのサブスクリプションとなる。

MidnightはGhosteryの最も包括的なプロダクトだが、Tillman氏によると無料のブラウザーエクステンションもサポートを続ける。それが新しいユーザーを呼び込む契機になるからだ。

関連記事:Ghostery revamps its privacy-focused mobile browsers(プライバシー重視のモバイルブラウザーGhosteryがバージョンアップ、未訳)

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa