paypal
GoPay

PayPalがオンライン決済の中国GoPayの買収を完了、海外オンライン決済サービスとしては中国初

次の記事

アップルがHomeKitの開発キットをオープンソース化

PayPal(ペイパル)は12月19日朝、GoPay(Guofubao Information Technology)が発行する株式の70%を買収したと発表した。これにより、PayPalは中国でオンライン決済サービスを提供する初の外国企業による決済プラットフォームとなる。株式の買収は中国人民銀行に9月30日に承認されていて、このほどクローズした。ディールの詳細は非公表だ。

GoPayはオンライン決済とモバイル決済のライセンスを保有し、主にeコマースやクロスボーダーコマース、観光などの業界向けの決済プロダクトを提供している。PayPal同様、GoPayも顧客がオンラインショッピングをする際に小売がウェブサイト上で支払いを受け付けられるようにする。中国の決済マーケットは、AliPayやWeChat Payなどeウォレットプロバイダーを含む地元企業が主導しているが、PayPalがサービスを展開する余地は残されている。中国では毎年、電子決済が数十億ドルではなく、数兆円規模で行われている。

Frost & Sullivanの予測によると、モバイル決済だけみてもマーケットは2017年の29兆9300億ドル(約3300兆円)から2023年には96兆7300億ドル(約1京580兆円)へと年21.8%ペースで成長することが見込まれている。これは部分的にはeコマース需要の増加による。アクティブモバイル決済客の総数は2023年までに9億5600万人に達するとも予想されている。中国マーケットではまた、クロスボーダー決済も増加していて、特にeコマース、旅行、海外教育などの部門で顕著だ。2016年には6兆6600億ドル(約730兆円)に達した。

米国の金融機関は長い間、中国進出に苦心してきた。2018年に中国中央銀行は外国の決済サービス企業に門戸を開くと述べていたが、承認は遅々としていた。2018年11月なってようやく、American Express(アメリカン・エキスプレス)が中国でのクレジットカード決済サービス展開が許可された初の米国企業となった。VisaとMastercardも同様に参入を試みている。

「この歴史的な買収を完了させることができうれしく思う。これでダイナミックな中国マーケットに参入できる」とPayPalの会長でCEOでもあるDan Schulman(ダン・シュルマン)氏は買収クローズに関する声明文で述べた。「弊社にとって重要なステップであり、中国の金融機関やテクノロジーのプラットフォームの強力なパートナーとなることができる。中国のeコマースと決済エコシステムの成長に貢献することを楽しみにしている」。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)