KamiR
ManaCam
FutuRocket

1万円以下・WiFi設定だけで導入できるスモールビジネス向けAIカメラ「ManaCam」

次の記事

AI OCR技術開発のAI insideが東証マザーズ上場、公開価格3600円で初日終値は1万4900円

「もういくつ寝ると」と年末の声が聞こえてくると楽しみなのが、お正月。そして年明け早々、毎年ラスベガスで開催されるテックプロダクトの見本市、CESの出展内容だ。特に「Eureka Park」には今年も、世界中から1200を超えるスタートアップのプロダクトが集まる予定。日本からも、JETROが事務局を務めるJ-Startupパビリオンで、29社の出展が決まっている。

展示されるプロトタイプの中から、今日はFutuRocket(フューチャーロケット)が開発中のAIカメラ「ManaCam」を紹介したい。ManaCamは、エッジコンピューティングにより、設置された空間内の顧客数、利用者数の自動集計を行うAIカメラだ。これだけ聞くと、特に目新しさを感じられないかもしれないが、ManaCamは「1万円以下で導入できる」「WiFiの設定を行うだけで利用できるようになる」という特徴を持ち、スモールビジネス向けに特化したプロダクトだ。

ManaCamは、アタッチメントを使えば電球ソケットからも給電が可能。天井の照明などを電力源として利用でき、配線のための手間や工事は不要だ。

ManaCamを設置すると、以降の利用者数推移レポートはクラウドを通してWebサイトで見ることができるようになる。FutuRocketはカメラの販売ではなく、このクラウドによるレポート機能を少額の月額課金で提供していくことで収益とすることを目指している。なお、当初はレポート機能も無償で提供される予定だ。

開発中の「ManaCam」プロトタイプ

AIカメラ導入はこれまで、大規模の企業や行政機関など、ある程度予算を持つ機関に限られてきた。FutuRocketが目指すのは、「誰でもリアルの世界で、手軽に利用者数の集計ができる」ようにすること。デジタルでは、小さなEC事業者でもページビュー分析などが当たり前になってきているが、これをリアルな空間に持ち込もうという試みだ。

ManaCamは、小売店などスモールビジネス事業者による来店者数把握のほか、コワーキングスペースやオフィスの会議室、イベントスペース、展示会のブースなどでの来場者数把握といった利用が想定されている。

CESでの展示の後、1月下旬から、FutuRocket社が採択されたYOXO Accelerator(よくぞアクセラレーター)プログラムにより横浜市でManaCamの実証実験が行われる。また渋谷区のコミュニティスペースEdgeOfでも実証実験を行うということだ。

FutuRocket創業者でCEOの美谷広海氏は、ものづくりスタートアップとして尖ったプロダクトを生み続けてきたCerevoで、2015年1月からSenior VP、Global Sales & Marketing担当を務めていた。FutuRocketは2017年8月の設立だ。

FutuRocketでは、ManaCamのほか、トイレットペーパーの残量がモニタリングできるスマートIoTトイレットペーパーホルダー「KamiR(カミアール)」などのプロダクトも開発されている。KamiRは、北九州でIoTアクセラレータプログラムにTOTO社によって採択されたことをきっかけに開発されたプロダクト。こちらも神戸市のスタートアップ提案型実証実験事業「Urban Innovation KOBE『+P』」に採択され、1月下旬から神戸市で実証実験が行われることになっている。

スマートIoTトイレットペーパーホルダー「KamiR」