Arizona Beverages
Aebi Schmidt

外貨両替大手のTravelexがマルウェアの被害でサービス中断

次の記事

針の頭に乗るほど小さい粒子加速器

外貨両替商大手のTravelexが、12月31日にマルウェアの被害に遭い、一部のサービスを停止したことを確認した。ロンドンに本社があり全世界に1500店あまりを持つ同社によると、同社は「データを保護するための予防的措置として」システムをオフラインにし、マルウェアの拡散を防いだ。

同社の英国のサイトでは現在、オフラインで「重大事故」(Server Error)と書かれたページが表示されるだけだ。同社の企業サイトは「システムのアップグレードをしている間オフラインにする」と公表していた。Travelexからのツイートは、「ウェブサイトでもアプリでも通常の取引業務ができない」と説明している。一部の店舗では手作業で顧客の要求に応じている。一部のサービスをTravelexに依存している企業、例えばTesco Bankもこの間、問題を抱えている

Travelexの英国のウェブサイトは現在オフラインだ(スクリーンショット提供:TechCrunch)

同社によると、「これまでのところ」顧客のデータは侵害されていない、というが、その証拠などは示されていない。同社は「現在捜査中なのでマルウェアの種類などをお教えできない」と説明する。昨年は、著名企業がランサムウェアにやられる事故が増加した。それは、被害者のデータを暗号化して利用不能にし、身代金を払えば元に戻してやると迫るマルウェアだ。アルミニウム製造の大手Norsk Hydroと英国のPolice Federation(警察組合)が3月に、Arizona BeveragesAebi Schmidtが4月に、宅配のPitney Bowesは10月に被害に遭った。

市や州など一部の地方自治体も、ランサムウェアにやられた。そのため先月ニューオーリンズは非常事態宣言を公布した。Travelexのスポークスパーソンから、声明以外のコメントを得られなかった。

画像クレジット:Bloomberg/Getty Images

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa