幻となったアップルの無線充電器AirPowerのスペックをほぼ満たすLiberty Wireless Charger

次の記事

レノボがオフィス向けMicrosoft Teams連携スマートディスプレイを発表

Apple(アップル)がAirPowerワイヤレス充電マットの開発を中止したのは、同社の数少ない派手な失敗の1つだった。だが開発中止になったこの製品の、接続のためにいちいち手を煩わす必要がなく複数デバイスを充電可能なワイヤレスパッドというコンセプトはいまでも魅力的だ。このたび、ワイヤレス充電アクセサリメーカーのZensが、Liberty Wireless Chargerという名前のデバイスを開発した。この製品は、AirPowerができると主張していたもののすべてを提供しているわけではないが、現在のワイヤレス充電器からは大きく一歩前進するものであり、iPhone、AirPods、そしてApple Watchたちの素晴らしい相棒だ。

コイル、コイル、そしてコイル

Zens Libertyは、ワイヤレス充電器の充電能力を担っているワイヤレス充電コイルの使用方法が特殊だ。最新のiPhoneやAirPods充電ケースのように、デバイスに誘導電力を提供できるよう巻かれた円形銅ケーブルが使われているが、Zensの場合、このようなコイルが16個重なるように並べられている。好都合なことにこの様子は、透明なガラスケースで覆われた製品版で詳細に見ることができる。

これらの重なり合ったコイルが、Zens Libertyのユニークな能力の鍵だ。これらの配置によって、基本的にデバイスを任意の方向に置くことができ、すぐに充電が始まる。これに対して、多くの充電パッドは、特定の場所に1つ、2つ、または3つのコイルが配置されているだけだ。つまり、実際に充電を開始するには、デバイスがいずれかのコイルの上に正しく置かれている必要があるのだ。従来のワイヤレス充電器をある程度の期間使ってきた経験があるなら、おそらく置く方向がよくなかったために、翌朝目覚めたときに携帯電話がまったく充電されていないという災難を経験したことがあるだろう。

ZensのLibertyはこの厄介な問題を確実に解決する。そして基本的にはデバイスを好きなように置いて充電させることができたのだ。

2台を柔軟に充電

本製品は、一度に最大2つのQi互換デバイス(それぞれ15Wまで)を充電できる。Androidの携帯電話、iPhone、AirPods(およびAirPods Pro)でテストしてみたところ、すべてが問題なく機能した。基本的に思うようにパッドの上に置くことができたのだ。注意すべき点は、充電器の端の領域は、基本的に非アクティブだと考えなければならない点だ。従って最外周から1インチ(2.54cm)ほど内側に置くことを心がければ問題はない。

もし従来の充電器にデバイスを置くときにも、ちょっと注意を払えば良いだけではと考えるなら、この柔軟性にはあまりありがたみがないように思えるかもしれない。しかし実際のところ、これは本当に便利なのだ。デバイスをLibertyの表面に気軽に置いて、実際に接続が行われたかどうかをあまり気にしなくてもいいというささやかな保障は、iPhoneやAirPodsくらい頻繁にデバイスを充電するときには大きな安心だ。

Apple Watchも充電できる

Zens Libertyは、パッド上でApple Watchを充電することはできない。アップルがキャンセルしたAirPowerでは、これは可能だと宣伝されていた。しかし、アクセサリを使用すれば、Libertyパッドは、Watchを含むアップル製モバイル機器向けの、真のオールインワン充電ステーションになる。Zensがアドオンオプションとして正式にサポートするApple Watch充電器は、一端にUSB-Aコネクタを備えていて、Zens LibertyにあるUSBポートに簡単に挿入できる。そして、使用していないときには保護のためにゴムのフタをして隠すことができる。

実際には、このポートはあらゆる種類のUSB給電デバイスをサポートしているので、ケーブルを使えば、例えばiPadなどの別のガジェットを充電することもできる。しかしこの製品は、新しいZens Apple Watch充電器アクセサリ用向けにフィットするようにデザインされていて、充電中にWatchを支えるための小さな台も付属している。それはまたApple Watchのナイトスタンドモードにぴったりの角度を提供する(オールインワンソリューションを探している人にとって必要な追加機能だ)。

まとめ

Zens Libertyは、これまでの私がテストした範囲では、現在利用可能な最高の総合充電オプションだ。60ワットのUSB-C電源アダプターも付属していて、海外用プラグ変換アダプターが2個付属しているので、他のデバイス用にもなる絶好の旅行グッズとなる。つまり、専用の電源アダプターの代わりに、標準のUSB-C電源アダプターとして使うこともできるのだ。

ただし、留意すべき欠点がいくつかある。例えば、これは大きな充電器であることを認識しておく必要がある。複数のデバイスを簡単にサポートできるという点で優れているが、平均的なワイヤレス充電器よりも多くのスペースを占有する。また、コイルを重ね合わせ、冷却機構を実現するために厚みもあるこの製品は、これまで私が使った中で、はっきりとした通気孔をもつ唯一のワイヤレス充電器だ。

とはいえ、Zens Libertyは、利便性と柔軟性を実現するというワイヤレス充電の本来の約束を果たしている。そして、布地で覆われたデザインと印象的な透明ガラスのデザインのどちらも、魅力的で優れたデザインだ。現在、Zensは予約注文を受け付けていて、今月中に出荷が開始される。標準の布地バージョンは139.99ユーロ(約1万7000円)、ガラス版は179.99ユーロ(約2万2000円)、Apple Watch USBアダプターは39.99ユーロ(約4800円)で発売される。

原文へ

(翻訳:sako)