SmartHR

SmartHR Insuranceが確定拠出型年金事業「bowl」から撤退

次の記事

新生FiNCが約50億円を調達、食事画像解析機能の強化とAI関連特許権取得も発表

人事・労務のクラウドサービスを手掛けるSmartHRは、子会社であるSmartHR Insuranceが2019年中にローンチすると表明していた確定拠出型年金事業「bowl」から撤退することを明らかにした。開発チームはすでに解散している。

共同創業者の1人である上谷真之氏も自身のTwitterで事業撤退と自身の退任ついて言及している。

SmartHR Insuranceは2019年1月にSmartHRの子会社として設立され、SmartHRのCEOである宮田昇始氏とKyashでVP of Productを務めた経験を持つ重松泰斗氏の2人が代表取締役を務め、確定拠出年金や保険を駆使して「お金の不安」を解消し、いわゆる老後2000万円問題の解決を目指すことをミッションとしていた。撤退した事業名であるbowlを含む「https://www.bowl-app.com」のウェブサイトはすでにアクセスできなくなっているが、代表の重松氏を含めたメンバーは新しい事業に再チャレンジするとのこと。今後の同社の展開に期待したい。

関連記事:労務管理のSmartHRが保険領域に参入、年内に第一弾プロダクト