より良い睡眠を約束するURGONightの脳トレヘッドバンド

次の記事

AmazonのFire TVが月間アクティブ4000万人突破でRokuをリード

CES 2020はスリープテックの年だ。何カ月か前にそう宣言したが、忘れかけられている気がするので、再度主張したい。筆者の睡眠サイクルを完全に破壊するにあたり、テクノロジーは重要な役割を果たしてきた。しかし現在は、睡眠サイクルを取り戻すために、テクノロジーは筆者にとって唯一の希望なのではないかと思っている。

URGONightは、この分野における興味深い取り組みだと思う。文字どおり今まさに発表されたばかりのMuse Sのヘッドバンドともかなり被る(その話ついてはここで書いた)。ニューロフィードバックヘッドバンドの特徴(2020年のどこかで使うことになるだろうと思っていたフレーズ)は、睡眠トレーニングが目的だが昼間使用する設計になっているという点だ。

ヘッドバンドは、1日20分、週3日使用する設計だ。脳の活動を検出する2つの電極がある。着用者はAndroidやiOSアプリで脳からのフィードバックをリアルタイムで見ることができる。木の葉の成長やパターンの描画などさまざまなエクササイズがある。基本的にはよく眠れるように脳を訓練するということだ。

「体を鍛えれば、もっと速く走れるし、もっと高くジャンプできるし、もっと長く泳げるし、もっと柔らかくなれる。同じようにニューロフィードバック療法によって睡眠の質を改善する方法を学ぶことができる、というのが臨床研究の示すところだ」と創業者のGuirec Le Louis(ギレク・ル・ルー)氏は声明で述べた。「この技術は何十年も世界中の臨床睡眠センターで使用されている。URGONightはその技術を身近で楽しめるようなものにし、また家庭で快適に使用できるようにする」

確かに非常に興味深い。筆者は製品の有効性や科学的なことについて確かなことは言えない(筆者がさっとGoogleで検索してみたところ「睡眠紡錘波」というのは本当にある)。だが、現時点では何でも試してみたいと思っている。第2四半期にはあなたも試せる。500ドル(約5万4000円)かかってしまうが。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi