Magnus Grimeland
Eduardo Saverin
Antler

Facebook共同創業者エドゥアルド・サベリンがアーリーステージ専門VC「Antler」に約54億円出資

次の記事

レノボ初の折り畳みラップトップThinkPad X1 Fold

自称「グローバル・スタートアップ・ジェネレーター」で、アーリーステージのベンチャーキャピタル企業であるAntlerは5000万ドル(約54億円)の追加資金をアムステルダム、ロンドン、ニューヨーク、ストックホルム、シドニー、ナイロビ、シンガポールの各地で調達した。

注目すべき新たな投資家には、Facebookの共同創業者であるEduardo Saverin(エドゥアルド・サベリン)氏と妻のElaine Saverin(エレイン・サベリン)氏、投資家で慈善家のChristen Sveeas(クリステン・スベアス)氏(Kistefos経由)、Canica Internationalおよび日本の金融サービス会社であるクレディセゾンが名を連ねる。

Zaloraを共同設立し、その後Global Fashion Groupに売却したMagnus Grimeland(マグナス・グライムランド)氏が2018年にシンガポールで設立したAntler は、複数の地域で企業設立支援プログラムを運営している。ロンドン拠点の人材育成会社でプレチーム、プレアイデアと呼ばれる人材投資モデルの先駆者でもあるEntrepreneur First(EF)と似ていないこともない。

EFと同様に、Antlerは参加者が同社のさまざまなプログラムを通じて共同創業者を見つけ、新しいスタートアップのアイデアを確立することを目的としている。最初の2カ月間、参加者の基本的生活費を支援し、プレシード資金を出資する。成功した企業には後期ステージの資金提供も行う。この資金を得るためにAntlerはそれぞれの地域でファンドを設立している。

「Antlerでは、業界や専門性によらず、明確な特長と意欲と気概のある傑出した人材を求めている」とグライムランド氏は語る。「多様性にも力を入れており、優れた技術者、商品開発者、運営者などを融合させることも目的にしている。これまでの出身者には、Spotify、iZettle、Grab、Lazadaといったすばらしいテクノロジー企業の設立に関わったり、過去にスタートアップを売却したことがある驚くほど有能な人々もいる」。

Antlerの創業者でCEOのグライムランド氏は投資方針について、同社が注目するのは広い範囲のテクノロジーであり「ディープなテクノロジーだけではない」と語った。これは、フィンテック(金融)、プロップテック(不動産)、ロボテック、D2Cブランドなど多くの分野での同社の投資に見て取れる。「我々のプログラムでは、出資先企業がヒット製品を作り、デモデーを待たずに実績を上げてほしいと考えている」と同氏は説明した。

「AntlerはEFのクローンと考えていいか」と聞かれたグライムランド氏は強く「ノー」と答えた。「個人が企業を立ち上げたりスケールアップするのを助けるビジネスモデルには、胸躍らせるものがいくらでもあり、それぞれが異なり、独自の観点を持っている。我々は、Antlerでユニークなことを行っている」と同氏は語る。同氏が以前Rocket Internetに深く関わっていたことを踏まえると下衆な質問だったかもしれない。

2018年の設立以来、Antlerは120を超える企業に投資しており、その中には著名なVCから追加資金を調達した会社がいくつもある。例えば、AriraloとCogniceptはSequioaに、SampinganはGolden Gate Venturesから、それぞれ資金調達している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook