ハードウェア
Powerstation Go
Mophie(企業)

Mophieの最新モバイルバッテリーはスマホ充電だけでなく自動車のエンジンもかけられる

次の記事

「曲げられるディスプレイのスマホ」以外の用途を模索するRoyole

現在、開催されているCES 2020以降、Mophie(モーフィー)は同社のバッテリー製品につながる製品リストに新しく「クルマ」を追加できるようになる。まあ製品の登場は時間の問題ではあった。もちろん、モバイルバッテリーでこのレベルの充電を可能にしたのは同社が初めてではないが、新製品のPowerstation Goはワンランク上の充電容量を提供する。

Mophieの製品ラインの中でもユニークなのは、ミニサイズのジャンパーケーブルが付属していることで、4万4400mWhの強力な充電容量を使って乗用車やSUVをジャンプスタートさせることができる。正直なところこの160ドル(約1万7000円)の値札も、無名バッテリーメーカーとは違うMophieの安心感を思えばおかしくない。

もちろん、家電ブランドとしてスマートフォンにも焦点を合わせている。上面にはQi標準のワイヤレス充電パッドがある。USB-Aポートが2つとノートパソコンなどを充電できるAC出力もついている。ただ、不思議なことにUSB-Cポートがついていない。これは2020年には奇妙な欠落といえる。携帯電話からSUVまで何でもかんでも充電する全部のせアプローチの機器としては、特にそのように感じてしまう。

Powerstation Goは今週からインターネットで購入可能だ。

CES 2020 coverage - TechCrunch

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook