「曲げられるディスプレイのスマホ」以外の用途を模索するRoyole

次の記事

ローンチ36時間で1.6億円超を売り上げたLora DiCarloが新しい大人のオモチャを引っさげてCESに復帰

2年前には少なくともRoyoleは、初めての折り畳み式スマートフォンで我々の関心をつかんだ。初めて、というのはそれだけでもニュースになる。それによってこの無名企業があちこちで採り上げられたが、同社のフォームファクタ革命はまだちっとも始まっていなかった。何よりもまず、同社のそのFlexPaiはまだプロトタイプでしかなかった。

RoyoleのRoTreeには500台の完全な折り畳み式スクリーンがぶら下がっている。それらは本物の木の葉のように軽いが、それだけでなく、その葉っぱに映っている画像やビデオを変えられるのだ!このツリーは深圳の宝安国際空港に、空港の新しいランドマークとして「植えられて」いる。

しかしそれでもRoyoleは、我々の関心をつかんでいる。深圳の空港で折り畳みみ式スマートフォンのツリーも間近で見た。でも、今度は何だろう?もちろん、もっとおもしろいものだろう。同社は今週のCESで2つの新しいデバイスを披露したが、その目的はどうやら、FlexPaiのときと同じようだ。すなわち、折り畳み式ディスプレイという技術のポテンシャルをデモすること。それはまさに、Royoleという企業の使命のようだ。

関連記事:A closer look at Royole’s foldable display(Royoleの折り畳みディスプレイを間近で見る、未訳)

人だかりができていたのはMirage Smart Speakerだ。これはAmazon Echoに8インチの曲げられるAMOLEDディスプレイを巻きつけたようなもの。製品にしっかり巻きつけられているから、ユーザーはそれを曲げられない。でも正直なところ、ユーザーが自分の手で曲げられることが、この話の焦点だったはずだが。とにかくこちらは、折り畳み式ではなくて巻きつけ式ディスプレイだ。Winampのサウンドビジュアライザーみたいで楽しいかもしれない。

カメラもついているが、何のためだろうか?スマートスピーカーにカメラは不要なのでは?そう考えるのは私だけかもしれない。

同社のRoWriteのニューバージョンもある。これは1枚の紙のようなもので、センサーを内蔵しているのでユーザーが書いたり描いたりしたものをデジタイズする。紙に書く(描く)ように気軽に使えて、しかもそれがデジタル化されることがキモだ。ニューバージョンはバッテリーが新しくなって前よりも小さくて軽い。

CES 2020 coverage - TechCrunch

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa