Ambassador
Waverly

双方向同時通訳可能な新型ウェアラブル翻訳機が4月に約2.2万円で発売へ

次の記事

ソフトウェアと複雑性との戦い

競合企業はたくさんあるが、Waverly Labsはここ数年のリアルタイム翻訳機を開発するハードウェアスタートアップの中でも特に注目されてきた。そしておそらくもっと重要なのは、実際に製品を市場に投入している点だろう。

今週米国ラスベガス開催されるCESにて、ニューヨークを拠点とするこのスタートアップは最新プロダクトを発表した。クラウドファンディング/先行販売キャンペーンの一環として2019年5月に発表されたAmbassadorは、今年4月に200ドル(約2万2000円)で発売される。ほとんどのイヤフォンと同様にAmbassadorは1組のイヤホンだが、1つは自分が装着し、もう1つは相手が装着する。

Converseは3つのモードのうちの1つで、1台のスマートフォンを使って双方向の会話ができる。デバイスはリアルタイムで会話を聞き、変換する。自動的に8フィート(約2.4m)以内の声を聞く 「Listen」 モードや、接続されたスマートフォンを介して翻訳を話す 「Lecture」 モードもある。

システムは20言語と42方言を翻訳することができ、本体には2つのマイクアレイを搭載し、1台のスマートフォンで最大4つのユニットと通信できる。

同社初のデバイスは、500万ドル(約5億4000万円)のプリセールスを達成し、4万台を出荷している。一方、Ambassadorは堅実だが、集まったのは50万ドル(約5400万円)とそう印象的ではない。ライバルにはTimekettleのようなスタートアップや、今年中にPixelbudsの新版をリリースするであろうGoogle(グーグル)のような巨大企業も控えている。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter