Groove X
Lovot

日本のGROOVE Xが開発した小型ロボ「LOVOT」の「永遠の愛」は約33万円で手に入る

次の記事

Nvidiaが驚異の360Hz駆動eスポーツ向けG-Syncディスプレイを発表

ロボットの友人からの永遠の愛はいくらだろうか?正直なところ、それは3000ドル(約33万円)が妥当なようだ。日本のロボットスタートアップであるGROOVE X(グルーブX)はCESでLOVOTを展示するために戻ってきたが、この驚くほど高度なロボットは数年経っても数多くのテクノロジーファンを魅了している。

数年の間、CESに登場してきたこのフレンドリーな小型ロボットは、約1カ月前にようやく日本で発売された。これはAibo(アイボ)にも連なる「孤独を慰めるために設計されたロボット」の最新モデルだ。設立から4年経つ同社は、このモデルはAiboよりも進んでおり、約50個のオンボードセンサーと複数のCPU(そして1基の充電ドック)を備えているという。

CESのプレイベントでは、LOVOTがいかにそれを初めて見る人の興味を引く様に感心させられた。LOVOTは大胆かつ小さなロボットで、知らない人に近づくことを恐れず、Aiboの時の経験とは根本的に異なっていた。

Aiboのように、LOVOTは時間をかけて持ち主の顔を覚え、家に帰ってきたら挨拶するようにデザインされている。苔のような布で覆われた外装は確かにAiboよりも暖かく、抱きしめたくなるもので、またLOVOTも抱かれるのを嫌がることはない。

米国での販売予定については確定した情報はない。GROOVE Xの創業者兼CEOの林 要氏によると、「もし投資家を見つけられれば、おそらく米国に進出するだろう」と述べている。ただし、米国の消費者が、高価な家庭用ロボットに関心があるかどうかは不透明だ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter