“PriceTech”の空が駐車場の料金最適化に向け、NTTル・パルクと実証実験開始

次の記事

Bytonが自社電動SUVのためのアプリ開発プログラムを立ち上げ

ホテルの料金設定サービス「MagicPrice」を提供するは1月7日、駐車場開発・運営のNTTル・パルクとコインパーキングの料金最適化の実証実験を開始し、ダイナミックプライシング導入に向けた検討を始めることを明らかにした。

空は「あらゆる価格を最適化し、売り手も買い手も嬉しい世界を作る」をミッションとして、ダイナミックプライシングに関するサービスを提供するスタートアップ。2016年には、ホテル・旅館業を対象にしたダイナミックプライシング(動的に変動するリアルタイムな適正価格による値付け)の支援サービスとして、MagicPriceを提供開始している。

MagicPriceでは、ホテルが客室料金を検討する際に必要な予約状況などのデータを自動収集・分析し、AIが適切な販売価格を提案。ホテルの担当者は簡単な操作で客室料金設定ができ、旅行予約サイトへの料金反映も自動で行える。

NTTル・パルクとの実証実験でも、競合企業のWebサイトなどからデータを自動収集・分析して、AIが適切な駐車料金を提示する。実験は首都圏を中心とした約400カ所のコインパーキングで実施予定。従来は月1回程度だった料金変更のタイミングを週1回へ変更して、より柔軟に値付けを行っていく。看板の表示料金については、当初は担当者が人力で張り替えるそうだが、今後デジタルサイネージにより、遠隔・リアルタイムでの料金変更も目指すという。

今回の実証実験は、昨年9月、NTT東日本アクセラレータープログラム「LIGHTnIC」第3期企業に空が採択されたことをきっかけに、スタートした取り組みだとのこと。空では昨年11月にも、電通と共同でリテール業界でも実証実験参加企業を募っており、今後、他業種・他業界にもプライシングサービスを展開していく考えだ。