アマゾンが顧客のメールアドレスなどを漏らした社員を解雇

次の記事

Cherryの新メカニカルキースイッチ「Viola」は低価格市場向け

Amazon(アマゾン)は、顧客のメールアドレスと電話番号をサードパーティと共有した数名の社員を「弊社のポリシーに違反した」として解雇した。2020年1月10日に顧客に送られたメールによると、社員はデータを共有したため解雇され、同社は司法による彼らの訴追に協力しているという。

アマゾンはこの事件をTechCrunch宛てのメールで確認した。スポークスパーソンによると数名の社員が解雇されたという。しかしながら、該当社員らに関する情報は何も得られず、また、情報がいつ誰と共有され、何名の顧客が被害に遭ったのかも不明だ。

顧客に送られたメールには、「お客様のアカウントに関連するその他の情報は共有されていません。これは、お客様が何かをされたことの結果ではありません。また、お客様が何か対応をする必要もありません」と書かれている。

Amazonの顧客宛てのメールには、社員は解雇されたと記載されている。Amazonによると、複数の社員が解雇されたとのこと

これは、初めて起こったことではない。Amazonは2019年に起きた同様のメールアドレス侵害についての明言もコメントも避けている。Amazonによると、また別の件で同社は今週、スマートカメラとドアベルの子会社Ringの社員4名を解雇した。Ringによると、解雇した社員は顧客のカメラにある映像を視るという不正を犯したそうだ。

関連記事:Amazon admits it exposed customer email addresses, but refuses to give details(Amazonが顧客のメールアドレスの露出を認める、未訳)

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa