サムスンがTeleWorld Solutionsを買収、5Gインフラ構築を支援

次の記事

今年のアカデミー賞はNetflixが最多ノミネーション、 「アイリッシュマン」や「マリッジ・ストーリー」が作品賞候補に

Samsung(サムスン)は米国時間1月13日の朝、TeleWorld Solutions(テレワード・ソリューションズ)の買収を完了したと発表した。米国バージニア州に本社を置くこの通信会社は、ワイヤレスネットワークとコンサルティングサービスを提供している。そしてTWSの5Gソリューションは、サムスンがこの契約の一環として最も関心を寄せているものだ。

サムスンはTWSのサービスを活用して、米国にて次世代ワイヤレスネットワークを構築するのを支援する計画だと述べている。

サムスンでEVPを務めるPaul Kyungwhoon Cheon(ポール・ギョンフン・チョン)氏はリリースの中で、「TWSの買収により、モバイル通信事業者の4Gおよび5Gネットワークの改善ニーズの高まりに対応することが可能となり、最終的には顧客へのサービスを強化する新たな機会が創出される」と述べている。「サムスンは米国の5Gネットワークの拡大を加速するための最適なサービスを提供しながら、通信技術の革新を推進し続ける」。

今回の買収により、TWSはサムスンの100%子会社となり、また既存の顧客にコンサルティングサービスを提供し続けることになる。5Gがスマートフォンだけでなくさまざまな分野でますます注目を集める中、企業活動の継続のためにも最後の部分は重要だ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹Twitter