1日70円で傘を借りられるアイカサが大宮進出、アルシェ、そごう、大宮駅など10スポットで利用・返却可能に

次の記事

ヘルメットを着用しよう!電動スクーターによるケガがこの4年間で3倍に急増

LINE上で1日70円で傘を借りられる「アイカサ」を運営するNature Innovation Groupは1月14日、JR大宮駅、大宮アルシェ、そごう大宮店の3事業者との連携を発表した。具体的には、JR大宮駅の各出口6カ所・大宮アルシェ1カ所・そごう大宮店3カ所にアイカサスポットを設置する。

前述のとおりLINEを使っていれば、アイカサを利用する際に専用アプリの別途インストールは不要で、LINEでアイカサと友だちになることですぐに使える。アイカサスポットに設置されている施錠状態の傘に張られているQRコードをスマホで読み取ることで解錠・決済が可能になる。2020年1月8日時点で、登録人数は7万1179人、加盟店舗数は約750店となっている。約1カ月前の12月5日の時点でのユーザー数は6万3927人だったので1カ月でそれぞれ7000人強、約50社増えたことになる。

アイカサでは、傘を借りると1日ごとに70円が加算されていくが、6日以降から1カ月間は420円。ゲリラ豪雨など想定外の雨であっても、コンビニエンスストアで傘を購入するより安価に利用できる。借りた傘は最寄りのアイカサスポットに返却すればいい。決済方法は、クレジットカードのほかLINE Payを選べる。

Nature Innovation Groupは約1年前の2018年12月3日に渋谷エリアを中心とした50カ所でアイカサのサービスを開始。その後、京急アクセラレータープログラムの第2期に採用されるなど鉄道会社との連携を積極的に進めてきた。

現在では、品川駅周辺で京浜急行電鉄の所有不動産、小田急電鉄の新宿~町田間の各駅(参宮橋駅を除く)、西武鉄道の西武新宿線全線(西武新宿~本川越)、西日本鉄道の所有ビル14棟、そして2019年12月には東京駅近辺の41カ所にアイカサスポットが設置された。もちろん、新宿や池袋、秋葉原などの人が集まる地域も対応エリアで、地方展開では福岡市とも提携を果たしている。

同社の中長期的な計画としては、大宮駅西口のほかの場所や、高島屋やドンキ・ホーテなどがある大宮駅東口エリアにも展開を進めていくという。

現在大宮駅周辺では、西口のソニックシティと道路を挟んだ向かい側に14階建てと28階建て(地下1階)の2棟の商業施設兼タワーマンションの建設計画が進んでいるほか、その近辺もタワーマンションなどの高層建築物を建築を可能にする都市計画がある。一方東口では、2017年に閉店した大宮中央デパートの跡地の活用を「大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業」として推進しており、市民ホールなどの公共施設とオフィスを備えた18階建てのビルが建つなど、駅周辺では大規模な再開発計画が目白押しだ。

しかもJR大宮駅は、北海道、東北(山形、秋田を含む)、上越、北陸のすべての新幹線が必ず停車する駅。在来線についても、京浜東北線(根岸線を含む)、宇都宮線、高崎線、埼京線(川越線を含む)などの路線が走っており、宇都宮線・高崎線から上野東京ラインを経由して東海道線へ接続しているほか、東北貨物線を経由して湘南新宿ラインで大船までつながっている。さらに朝夕には武蔵野線から武蔵野線大宮支線を経由して、船橋まで直通する「しもうさ」号、八王子まで直通する「むさしの」号も利用できるなど、1日の乗車人員は新幹線を含めると約29万人。これに、東武鉄道と埼玉新都市交通の乗車人員を合わせると40万人を超える巨大ターミナル駅だ。

今後は今回展開する10カ所を皮切りに、アイカサが大宮エリアでどこまでスポットを拡充できるが普及の重要なポイントになってくる。自宅と会社の最寄り駅のそれぞれにアイカサスポットがあれば利便性はより高まるので、大宮駅を起点として乗り入れ各線の沿線へのエリア開拓も積極的に進めてほしいところだ。