旅行メタ検索エンジンのHipmunkが買収から4年でサービス終了へ

次の記事

猫専用バイオロギングデバイス「Catlog」開発のRABOが1億円調達、Shiftall岩佐氏がハードウェア顧問に

旅行の計画にまだHipmunkを使っている人は、そろそろほかのサイトを探したほうがいい。遅かれ早かれ、ほんとに。

Hipmunkは米国時間1月14日、あと1週間ほどでサービスを終了することを発表した。1月23日、Hipmunkはウェブサイトとアプリのいずれも停止するとブログに書いている。以下のようなツイートも発信している。

今回の閉鎖は、企業の出張・旅費精算プラットフォームであるConcurが 2016年9月にHipmunkを買収してから4年足らずの出来事だった。

Adam J. Goldstein(アダム・J・ゴールドスタイン)氏とReddit共同創業者であるSteve Huffman(スティーブ・ハフマン)氏が共同設立したHipmunkは、世界初のよくできた「メタ検索」トラベルサイトのひとつだった。ExpediaやPricelineなど無数のサービスからフライト(ホテル、レンタカーも)を見つけ出し、日時、価格とともにまとめて表示するインターフェースを提供していた。

買収を発表した当初の投稿でゴールドスタイン氏は「Hipmunkはどこへも行かない」と上機嫌に宣言していた。しかし、4年のうちに状況は変わった。ゴールドスタイン氏は2018年末にチームを離れた。

Hipmunkは発表のFAQで、1月23日に「全」アカウントが停止されることを明言している。完了している予約は影響を受けないが、今後は同サイトが紹介した最終プロバイダーが対応することになる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook