Eggtronic
GAN
窒化ガリウム

GaNの採用で2020年になっても充電器はまだまだおもしろい

次の記事

Googleが実店舗のネット活用を支援するスタートアップPointyを買収へ

とりあえず聞いてほしい。充電器は確かにセクシーではない。プレゼンでおいしいことを言っている充電器メーカーも、とっくにそれを承知だ。電子機器のアクセサリーにはロクなものがないと思うきっかけにもなりそうだ。ドングルやコードラップもそうだろう?

でも、充電器にはまだ十分面白い要素がある。2020年の今年に、しかも有線でもだ。そのキーワードは窒化ガリウム(GaN)だ。この素材には重要な用途がいくつかあり、次世代のワイヤレス技術もその1つだが、現時点で重要なのはたった1つ。それは小型の充電器だ。

昨年のCES 2019では、Ankerの素晴らしい小さな充電器について書いた。その後、私のパソコンが15インチのMacBook Proにアップグレードしたので、CESに出展されていた2つの企業に大きなコンピューター用の充電器について聞いてみた。まず、私の大きなパソコンを充電できるか、ということ。そして出張が多いので、デルタ航空などの座席についてるコンセントから外れて落ちたりしないかということだ。

これは4時間以上のフライトでは特に深刻な問題だ。窒素ガリウムのPower ICの開発メーカーであるNavitas(ナビタス)が推薦したのは、RavPower(ラヴパワー)とEggtronic(エッグトロニック)の窒化ガリウム充電器で、それぞれ61Wと65Wだ。両者の主な違いは物理的な仕様で、36ドル(約4000円)のRavPowerのほうが大きくて分厚い。100ドル(約1万1000円)とかなり高価なEggtronicは薄くて置きやすい。問題は、各自が充電器に何を望むかということ。どちらもデルタ航空のコンセントで使えるが実際には何度か外れた。航空機の座席のコンセントにはそもそも無理があるのだろう。

また、61Wや65Wでは標準の85Wや87Wの大きい充電器に比べて時間がかかりすぎる。ポータブル機はずっと充電状態で使うべきなのだろうか。これまで使っていたGoogle Pixelbookの充電器はやめて、自分のバックパックに2つのうちどちらかを入れておこうと思っている。長旅ではMacBook用の標準充電器だ。充電器について理想を言い出すときりがないが、これが今の結論だ。

どちらの窒化ガリウム(GaN)充電器も、実際に販売されている。

CES 2020 coverage - TechCrunch

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa