Orbexが2022年に打ち上げるロケットのライドシェア顧客の予約をTriSeptが担当

次の記事

Spotifyにペット向けプレイリスト追加、ただしウサギ用なし

宇宙開発スタートアップのOrbex(オーベックス)が、商用と公共事業の両方を対象とするロケット打ち上げサービス「Prime」の顧客を獲得した。2022年中に打ち上げ予定になっているこのOrbexのPrimeロケットにおけるすべてのライドシェアの予約をTriSeptが担当した。

Orbexはロケットの製造プロセスを迅速化させつつ、コストを抑えるために、3Dプリンティング技術を採用している。英国に拠点を置く同社は、スコットランド高地のサザーランドで新しいスペースポートの最終的な承認獲得と、その建設に取り組んでいる。完成すれば、このスペースポートはヨーロッパ本土初のロケット発射施設となる。

TriSeptはロケットペイロードの統合だけでなく打ち上げの管理と仲介サービスも提供しており、米国の宇宙市場において数年の実績がある。また、2020年後半にサザーランドのスペースポートが開設する前に、英国オックスフォードのHarwell Space Campusにも常駐拠点を設ける予定だ。

ヨーロッパ企業であるOrbexにとって、初の米国拠点の顧客という意味で、これは重要な取引となる。TriSeptはSpaceXやRocket Labと密接に協力し、過去にライドシェアミッションを提供してきた経緯があり、前述2社の事業運営の成功を再現しようとしているOrbexにとっては、TriSeptは望ましいパートナーだ。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter