東京電力エナジーパートナー
OKIPPA

Yperが東京電力と強力タッグ、ガス新規契約者の先着5000人に置き配バッグOKIPPA無償配布

次の記事

500万ユーザー間近の学習管理SNS「スタディプラス」が7億円調達、大学からの広告収益が拡大

Yperは1月20日、東京電力エナジーパートナーと連携し、東京電力が提供する家庭向けガスサービスの新規契約者を対象に、簡易宅配ボックスOKIPPA(オキッパ)を先着5000名にプレゼントするキャンペーンを開始した。

キャンペーンの応募資格は、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬の東京電力のサービスエリア内で、電気に加えてガスを新規契約する利用者。さらに、新規加入者全員に3カ月間連続でYperから日用品がプレゼントされるほか、毎月10名には家電などの商品がもらえるキャンペーンも実施する。キャンペーン期間は2月29日まで。

OKIPPAは2018年9月中旬の発売開始から全国13万世帯以上に普及している吊り下げ式の簡易宅配ボックス。専用アプリを連携させることにより、再配達ストレスをゼロにする。OKIPPAバッグに荷物が配達されるとアプリに通知が入るほか、万が一再配達になった場合もアプリから素早く再配達を依頼できる。100円/30日のプレミアムプランに加入すれば、東京海上日動と共同開発した専用の盗難補償「置き配保険」も利用可能だ。