ソフトグリッパー
産業用ロボット

繊細な処理が可能なロボットの「手」を開発するSoft Roboticsが大手ファナックと提携

次の記事

大規模VCファンドが小粒のラウンドに参加するという2020年の逆説

 

ロボティクスのスタートアップであるSoft RoboticsがシリーズBラウンドを完了し、2300万ドル(約25億円)の資金を獲得した。このラウンドはCalibrate VenturesとMaterial Impactがリードし、Honeywell、ヤマハ、Hyperplaneなどの既存投資家が加わった。注目すべき点は世界最大の産業用ロボットのメーカー、ファナック(FANUC)がラウンドに参加したことだ。同社や最近SostRoboticsと戦略的な提携を進めている。

Soft Roboticsプレスリリースによれば、今回のラウンドは「募集枠を超えた」額だったという。つまり同社は差し迫った資金需要があったわけではないらしい。実際、今回の2300万ドル(約25億円)を調達したラウンドの前、2018年の2000万ドル(約22億円)のラウンドも「募集枠を超えた」ものと発表されている。それ以前のラウンドは500万ドル(約5億5000万円)のシリーズAで2015年にクローズされている。Soft Roboticsのクライアントには世界の大企業多数が含まれるため、おそらく資金は潤沢なのだろう。

Soft Roboticsはロボットが対象をつかむ手の部分を開発している。社名からも推察できるが、このグリッパーにはソフトな素材が用いられ、各種のデリケートな処理を可能としている。従来の変形しない強固なグリッパーの場合、壊れやすい素材をつかむためには非常に精密な位置決めが必要となりわずかの誤差も許されなかった。

2018年の資金調達ではSoft Roboticsは従来のリテールやロジスティクス一般に加えて、食品、飲料などの処理にもターゲットを拡張することを明らかにした。新しいパートナーであるFANUCが今回のラウンドに参加している。ファナックはSoft RoboticsのMini-Pコントローラーを内蔵する柔軟なグリッパーであるmGripを、同社の既存の各種産業用ロボットに組み込むことにより処理のバリエーションを大幅に拡大している。一方、Soft Roboticsはロボティクス事業において世界で最も影響力がファナックと戦略的、テクノロジー的な関係を築くことに成功した。

今回の資金調達でSoft Roboticsはさらなる成長に向けて投資が可能となった。アイテムのバリエーションを拡大し、食品パッケージングを含めて消費者向けグッズの処理やeコマースのインフラとなるロジスティクス分野にもいっそう力を入れることになるだろう。特にeコマース業界において最大の課題となっている大量に発生する返品処理のロボット化、効率化はSoft Roboticsのソフトグリッパーが威力を発揮する分野になりそうだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook