モバイルPASMOが2020年春登場へ、当面はAndroid版のみ

次の記事

フランスでスタートアップ社員のストックオプションに関するルールが改訂される

PASMO協議会は1月21日、2020年春からAndroidスマートフォンにて交通系ICカードのPASMOのサービスを利用可能になる「モバイルPASMO」のサービスを開始することを発表した。モバイルSuicaに遅れること14年、ようやくのサービス開始だ。

対応するAndroidスマートフォンを利用することで、チャージや定期券の利用が可能となる。具体的な対象機種は3月上旬に発表される見込みだが、Android 6.0以上でNFC-F(FeliCa)が利用できるおサイフケータイ対応端末に限られる。

これまでもJR東日本の路線を一部利用する場合は、モバイルSuicaの定期券を私鉄各線や東京メトロなどでも利用できたが、今後は首都圏の主要な私鉄や東京メトロ、都営地下鉄、バス会社でモバイルPASMOの定期券を利用できるようになる。もちろん、故障・紛失時も窓口などに行かずに再発行手続きが可能だ。

現在のところiPhone対応については一切の言及、コメントはないが、日本は他国に比べてiPhone所持率が非常に高いのでAndroid版のローンチ後に対応を計画しているのだろう。

モバイルPASMOの定期券を発売予定の事業者一覧は以下のとおり。

鉄道

  • 小田急電鉄
  • 京王電鉄
  • 京成電鉄
  • 京浜急行電鉄
  • 埼玉高速鉄道
  • 相模鉄道
  • 首都圏新都市鉄道
  • 新京成電鉄
  • 西武鉄道
  • 千葉都市モノレール
  • 東急電鉄
  • 東京地下鉄
  • 東京都交通局 東武鉄道
  • 北総鉄道
  • ゆりかもめ
  • 横浜高速鉄道
  • 横浜市交通局
  • 横浜シーサイドライン

バス

  • 小田急バス
  • 江ノ電バス
  • 川崎市交通局
  • i川崎鶴見臨港バス
  • 関東バス
  • 京王電鉄バス
  • 京成バス
  • 西武バス
  • 相鉄バス
  • 立川バス
  • 東急バス
  • 東京都交通局
  • 西東京バス
  • 日立自動車交通
  • 横浜市交通局