TechCrunch Japanではライターさんと編集者を募集しています!

次の記事

モバイルPASMOが2020年春登場へ、当面はAndroid版のみ

TechCrunch Japanでは業務拡大のため、仲間に加わってくれるライターさんと編集者を募集中です。「スタートアップやテック業界のトレンドを世に伝えたい」という熱意のある皆さまのご応募をお待ちしております!

特に探しているのは、週1本以上を毎週コンスタントに執筆可能で、知識・興味のある業界やジャンルに精通しているライターさんです。国内だけでなく、海外トレンドに関する記事も大歓迎です。具体的にお願いする記事は、各業界の1週間の動きを俯瞰した内容となります。

現在、FinTech、HRTech、HealthTech、EdTech、AgTech、モビリティ、ロボティクスの分野に強いライターさんを募集中です。報酬はこれまでの実績などを勘案のうえ決めさせていただきます。

ご興味のある方は、件名の冒頭に

【ライター応募】

とカッコ書きを含めて必ず記載のうえ、tips@techcrunch.jpまでご連絡ください。

併せてTechCrunch Japanの運営に参加したいという編集者も募集しています。翻訳記事のチェックやニュース記事の取材・執筆などが主な業務となります。

編集業務にご興味のある方は、件名の冒頭に

【編集者応募】

とカッコ書きを含めて必ず記載のうえ、tips@techcrunch.jpまでご連絡ください。こちらは社員ではなく業務委託契約となります。報酬は、これまでの実績を勘案のうえ決めさせていただきます。

ライターさん、編集者のいずれも、ご応募の際には、これまでの職務経歴と執筆した記事のURLやファイルをお送りください。

さらに、TechCrunch Japanの運営にフルコミットいただける社員も募集中です。記事の執筆や編集、ウェブサイト運営、イベント運営が主な業務となります。毎年11月に開催され、2000名以上が参加するスタートアップとテクノロジーのイベント「TechCrunch Tokyo」では、モデレーターを経験することもできます。

ベライゾンメディア・ジャパンの社員としてTechCrunch Japanを運営することにご興味のある方は、外部サイト「engage」よりご応募ください。年収を含めた待遇などは、engageのサイトに詳しく記載しています。

では、皆様からのご連絡をお待ちしております!