Jira Softwareにプロジェクト全体の状態がひと目でわかるロードマップ機能が加わる

次の記事

Uberの自動運転車ユニットがワシントンDCのマッピングを開始

Atlassian(アトラシアン)は米国時間1月23日、Jira Softwareのアップデートを発表した。中でも、2018年に導入されたロードマッピング機能のさまざまなアップデートが目立つ。2018年にAtlassianはJira Softwareの再ビルドバージョンをローンチしたが、そこには買収したTrelloからいくつかのヒントを得ていて、本日のリリースもそのバージョンのアップデートだ。

Jira Softwareのマーケティングを担当しているJake Brereton(ジェイク・ブレトン)氏は「2018年の10月に新しいJiraをローンチしたとき、それはとてもいいアイデアに基づいているし、方向性もいいと思った。そこから14カ月早送りして現在を見ると、私たちは今や最初のターゲット以外のさまざまな分野で積極的に認められているし、あのときの我々の投資が十分に報われている」と語る。

今回のリリースでJira Softwareのロードマッピングツールには、すべてのロードマップアイテムに進捗を示すプログレスバーが付いたので、プロジェクト全体の状態がひと目でわかる。ヒエラルキーレベル(階層レベル)も新しい機能で、ロードマップアイテムを開いてストーリーとタスクを深く詳しく知ることができる。また、アイテムをドラッグ&ドロップするだけで簡単に依存性(ディペンデンシー)をマップできる。このユーザーの要望の特に大きい機能が、最初のリリースにはなかったのだ。さらにまた、新しいフィルターやUIの強化もいくつか導入された。

しかしJira SoftwareのプロダクトのトップであるMatt Ryall(マット・ライオール)氏から見ると、今度のリリースの傑出した機能のひとつが、Wiki風のコラボレーションツールであるConfluenceとの統合だ。昨年のリリースでインフラを一新したJira Softwareでは、ロードマップをConfluenceのドキュメントに直接に埋め込み、リアルタイムでアップデートできる。

彼は「Jiraで進めている仕事のライブビューをロードマップが提供する。手作業でメンテナンスするロードマップではない。今開発チームが何をしているのか、それをリアルに見せてくれる」と語る。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa