Defense Departments

ファーウェイに売れないと米企業も困る、ペンタゴンと財務省が制裁に「待った」

次の記事

Googleが広告のようになった検索結果のデザイン変更を撤回

Huawei(ファーウェイ)は米国時間1月24日、最も予想していなかった場所に味方を見つけたのかもしれない。The Wall Street Journalの最新記事によると、米国防総省と財務省の両方が、現在米国が敵対している中国のハードウェア大手からの販売に対する商務省の禁令に待ったをかけた。

これにより商務省の職員は、米国の企業がファーウェイと協働することを一層困難にする提議を引っ込めたと言われる。

国防長官のMark Esper(マーク・エスパー)氏がWSJ紙に語っている現実面に重点を置いた談話では、「我々はこれらのテクノロジー企業とイノベーターたちの、サプライチェーンの維持に配慮する必要がある。均衡の達成が目的だ」という。

関連記事: ファーウェイが同社製品購入の禁止は「違憲」として米通信委を提訴

ファーウェイはすでに、他国に対する制裁を無視したとして訴追されていたが、今ではトランプのホワイトハウスと中国との煮えたぎる貿易戦争の主役だ。このスマートフォンメーカーは、中国政府との密接な関係に対する懸念により、5Gのネットワーキング機器を売ることができない。

一方2019年に米国政府は、Googleなどの米国企業のソフトウェアやコンポーネントを、ファーウェイが利用することを禁じた。同社は今後のホワイトハウスにおける議論で、再度、中心的な論点になるだろう。政権は、同社のパートナーである米国企業におよぶ反動と制裁行為の効果とを秤にかけなければならないからだ。

商務省はまだ、この記事に対する公式の発表を出していない。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa