e-scooters
Circ

電動キックスクーターのBirdがベルリン拠点の同業Circを買収

次の記事

ロサンゼルスのAmazeVRが韓国・仁川に初のロケーションベースのVR設置

LAで創業された電動キックスクーター大手Bird(バード)は、欧州での競合相手Circ(サーク)を買収することを認めた。CircはDelivery Heroで知られるLukasz Gadowski(ルーカス・ガドウスキ)氏が設立したマイクロモビリティ企業だ。

買収条件などは非公表のこのディールは先週、FTが最初に報じた。2019年11月にTechCrunchはCircの経営が厳しい状態にあり、「オペレーション調整」としてレイオフを行ったことをレポートしている。

当時、ガドウスキ氏は平静を装いながら、Circがいかに多くの欧州マーケットでマイクロモビリティサービスを同時に展開するかを学ぶ必要がある、とTechCrunchに語っていた。「基本的にいかに効率をあげるか、どのようにマイクロモビリティの業務を展開するかを理解する必要がある。まだ能率的に行えていないが、夏の間にそうしたことを学んだ」と語った。

彼はまた、マイクロモビリティ業界全体の話として、これまでは陣取り戦略のようなものが展開されてきたが、現在では資本効率により重きを置く方向へと必然的にシフトしていることを認めた。「我々がサービスを開始したときはマーケット参入時期にフォーカスしていたが、今は時期ではなく効率だ」とTechCrunchに話した。

CircがシリーズBで資金を調達しようとしていたこともTechCrunchは把握している。これがBirdとの協議につながった。2019年初めにCircは6000万ドル(約65億円)超のシリーズAをクローズした。この資金は同社が12カ国43都市でサービスを開始するのに使われた、と広報は話している。

資金調達でいえば、Birdもまた資金調達したことを今回の買収発表に乗じて明らかにした。BirdにとってシリーズDとなるラウンドで新たに7500万ドル(約82億円)を調達し、累計調達額は3億5000万ドル(約380億円)となった。

マイクロモビリティ企業は支出抑制と収益化に苦戦してきた。Birdの主要なライバルであるLimeは2020年1月初め、2020年中の黒字化を目指して従業員100人を解雇し、12のマーケットから撤退することを発表した。

Circ買収の結果、Birdの欧州オペレーションに従業員300人が加わる、としている。

関連記事:電動キックボードのLimeが12都市から撤退し約100人を解雇

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi