toronto
kepler

人工衛星のKeplerがトロント新施設で小型衛星製造へ

次の記事

インドのInterviewBitがGAFA就職を可能にする高度なコンピューターサイエンスコースをオンライン提供

人工衛星スタートアップのKepler(ケプラー)は、カナダのオンタリオ州トロントにある5000平方フィートの新しい施設で、今後小型衛星を製造する。同社はカナダ宇宙庁やトロント大学などのパートナーと共同でこの新施設の建設に取り組んでおり、製造だけでなく衛星の設計や開発も行う予定だ。

Keplerはすでに2機の人工衛星を軌道上で運用しており、2019年末には初の高速インターネット接続を北極に提供し、その技術力を実証した。これらの衛星はKeplerによって設計されたものだが、サードパーティーが製造している。今回の発表にともない、Keplerは「将来の衛星の開発、生産、試験を垂直統合する」と述べている。

これによりKeplerは農業、運輸、海運、物流などの幅広い産業での利用を目的とした広帯域接続を提供する合計140機の衛星群を製造、打ち上げ、運用するという目標を達成することができる。新しい施設は衛星群を構築するために必要な小型衛星の大量生産をサポートし、同時に長期のアウトソーシングと比較してコスト面でのメリットを提供する。

小型衛星産業は、特にSpaceX(スペースX)のFalcon9のような比較的手頃な価格のロケットが、衛星や衛星群の潜在的な市場を拡大して以来、最も需要が増加した宇宙産業の分野である。衛星製造を社内に移行することで、Keplerは全スタックを社内に所有する数少ない小規模な宇宙開発企業の1つとなり、今後、同社に大きな優位をもたらすはずだ。

Keplerによる今後の衛星打ち上げについては、すでに製造を請け負っている実証衛星が2020年春に打ち上げられる予定だ。その後、この新施設で製造された最初の商用衛星を2020年夏に打ち上げ、それ以外にも年内に2回の打ち上げを予定している。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter