Amazonが四半期決算発表でついに1兆ドルクラブ入り、Alphabetは外れる

次の記事

マイクロソフトはXbox Liveのセキュリティバグ発見者に賞金200万円超を提供

ベンチャー投資の動向などが懸念されているものの、アメリカのテクノロジー企業は堅調だ。

米国時間1月31日の四半期決算ラッシュを受けて、Amazon(アマゾン)の株価は2月1日の朝、寄り付きから上げ始め、時価総額がついに1兆ドルを超えた。なお、その後やや下げて1兆ドルをわずかに下回っている。

Amazonの規模と利益の着実な成長は、投資家にとってこの上ない贈り物だった。シアトルで時価総額1兆ドル(約108兆3350億円)を記録した企業はMicrosoft(マイクロソフト)に次いで2社目となる。

そのマイクロソフトはApple(アップル)と並んで決算発表の後、高い利益が好感されてそれぞれ1兆ドルクラブの地位を確保した。Amazonが1兆ドル(約108兆3350億円)を記録したことで、米国の1兆ドルクラブのメンバーの顔ぶれが今後どうなるか気になるところだ。Alphabet(アルファベット)は「その他の事業」の赤字が嫌気されて株価が下落し、時価総額を約9870億ドル(約106兆9266億円)に下げている。

こちらはテクノロジーのトップ企業各社の時価総額のチャートで、上位4社は僅差で競り合っている。

MSFT Market Cap Chart

Googleの経営陣、ことに大赤字を計上しているグループ企業のトップは1兆ドルクラブに戻るための方策を考えるのに忙しいことだろう。置いてきぼりを食ったのはFacebookで、時価総額1兆ドルのクールキッドクラブに入るためには時価総額を2倍にする必要がある。

Mark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏はその昔「100万ドルなんてクールじゃない」と言ったことで記憶されている。今は「10億ドルなんてクールじゃない、クールなのは1兆ドルだ」だろうか。やれやれ。

【Japan編集部追記】チャート作成後株価が多少変動し、米国時間2020年2月1日朝現在、Amazonの時価総額は9969億ドル(約108兆9991億円)でAlphabetの9870億ドル(約106兆9266億円)と並んでいる。順位に変動はない。トップ写真はウォールストリート近くに設置された「チャージング・ブル」と呼ばれる銅像。ブル・マーケットは「上げ相場」を意味する。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook