PRMAL
ウェディングニュース
Linc’well

医療スタートアップLinc’wellが女性のウェルネスのためのクリニカルブランド「sai+」を発表、など

次の記事

通信キャリアによるリアルタイムの顧客位置情報販売を米FCCが犯罪と認定

【1/20〜1/26 Weekly FemTech & BeautyTech】

1月20日から1月26日の1週間に発表された、FemTechやBeautyTechを中心とした領域における、特に注目すべきニュースをまとめて紹介する。

女性のウェルネスのためのブランドが誕生、サプリメントや低用量ピルをサブスクで提供へ

医療スタートアップLinc’well(リンクウェル)は1月22日、女性のウェルネスのためのクリニカルブランド「sai+」を発表した。同社は、ITを徹底活用したスマートクリニック、クリニックフォアをプロデュース。自社開発のクリニック向けSaaSや患者、消費者向けオンラインプラットフォームなどの提供を通じて、クリニックにおける、「予約が取れない」、「長い待ち時間」、「現金のみ決済」、「薬局でも待ち時間」といった課題の解決を目指している。

この新ブランドsai+では、クリニックとの連携を活かし、サプリメントや低用量ピルなどの処方薬までを、自社ECサイトからサブスクリプションできるサービスを提供していく。処方薬に関しては、一度クリニックフォアグループでの受診が必要となる。Linc’wellは同日、クラウドファンディングサービス「Makuake」を通じて、第一弾の商品の先行予約販売の受付も開始している。

今後の展開について、Linc’wellは、生理周期に合わせたリズムスキンケア商品や、PMS(月経前症候群)と同じように、個人の差がありデリケートな問題である、「妊娠期のウェルネスの問題」へアプローチする製品ラインを開発中であることを明かしている。

Linc’wellは2018年1月に設立された。2019年5月に3.5億円の資金調達を実施を発表。2019年12月には男性向けのD2Cメディカルブランド「Sui+」を立ち上げ、頭皮ケアやエイジングケアなど、男性の幅広い悩みに対応する製品を揃えている。

【編集部】Linc’wellはTechCrunch Japanが2019年11月に開催したスタートアップや最新テクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo 2019」におけるピッチバトル「スタートアップバトル」のファイナリスト。ファイナルラウンドに進出し、freee賞 、トヨタコネクティッド賞、FUJITSU ACCELERATOR賞、Ballooon賞を受賞した。

花嫁プラットフォームの「ウェディングニュース」が2.8億円の資金調達を発表

花嫁プラットフォーム「ウェディングニュース」を運営するオリジナルライフは1月20日、2.8億円を調達したことを発表。同社の累積資金調達額は4.7億円となった。今後はプロダクト開発、マーケティングを強化していく。TechCrunch Japanによる取材記事はこちら

ウェディングニュースは、結婚式をあげた“卒花嫁”の熱量高い実例レポをメインコンテンツとした「花嫁プラットフォーム」。同サービスでは約5000人の先輩花嫁による結婚式の実例レポのほか、ネット上に公開されているクチコミ、情報コンテンツなどを集めてユーザーに提供。月間ユーザー数は80万人を超える。

地球環境に優しい“ラボグロウンダイヤモンド”を使用、D2Cジュエリーブランド「PRMAL」がローンチ

プライマルは1月22日、地球環境に優しい「ラボグロウンダイヤモンド」のみを採用したD2Cジュエリーブランド「PRMAL(プライマル)」を発表した。2月1日より公式WEBサイト上で販売開始される。

プライマルによると、ラボグロウンダイヤモンドは近年、天然ダイヤモンドと同一成分の新素材として注目を集めている。天然のダイヤモンドは、採掘する際の環境破壊や採掘労働者の労働環境が守られていないなどの課題が問題になっていたが、ラボグロウンダイヤモンドは環境、社会問題を生み出さず、エシカルかつサステイナブルに供給できることから、社会問題への意識が高いセレブなどを中心に支持されているという。

  1. sub3

  2. sub5

  3. sub4

  4. sub6

プライマルは「天然ダイヤモンドは、採掘時に大量の土を掘り起こす必要があり、良質な1グラムのダイヤを得るために1トン以上もの土砂を掘り起こすとも言われている」、「天然ダイヤによって生まれる利益が、紛争を支援する裏組織の資金源となっているケースがあり、問題視されている」、「採掘労働者の健康、労働環境の安全が守られていない、児童労働、公正な賃金が支払われないなど、採掘現場における労働者からの搾取が問題となっている」などと指摘している。

Category: フェムテック