クイズ番組
HQ Trivia

一斉風靡したクイズアプリ「HQ Trivia」が買収中止で急遽閉鎖

次の記事

アップルが新型コロナウイルスによる製造と売上への被害で収益の予測を下方修正

HQ Triviaが終わった。米国時間2月15日に同社は25名のスタッフをレイオフし、トリビア、スポーツ、言葉を当てるゲームの運用を停止したことを、同社に近い筋が確認した。酒に酔った最終回の醜態はここで見ることができる

HQ Triviaは、買収交渉を続けていたが、2月14日に買い手が手を引き、投資家らには資金提供を延長する意志がないことを、CEOで共同ファウンダーのRus Yusupov(ルス・ユスポフ)氏は声明で語った。CNN BusinessKerry Flynn(ケリー・フリン)氏が報じた。

「我々は、著名企業からHQを買収し我々のビジョンをつくり続けてもいいという提案を受けていた。最終合意を見込み、法的文書も用意した。明日が契約締結予定日だったが、未だに不明な理由によって相手は突然態度を変え、最大限の努力を行ったにもかかわらず合意に達することができなかった」とユスポフ氏は記した。「残念ながら当社の主要投資家たちには資金を提供する意志がないため、本日付でHQは運用を停止し、会社を解散する。全従業員および契約者とは本日付で契約解除する。

HQ Triviaは、2017年10月に元Vineのファウンダー2名がスタートした12問からなるライブ・ビデオ・トリビアゲームで、TechCrunchは最初の紹介記事を掲載した。ユーザーは、毎日のゲームで全問正解すると現金を手にすることができた。HQ TriviaはFounders FundがリードしたシリーズAラウンドを含め、総額1500万ドル(約16億5000万円)以上を調達。一時期は230万人以上の同時プレーヤーがいた。

hq trivia app 1

しかし、その目新しさは薄れていった。不正行為が横行し、分割された賞金はわずか数ドルから数セントにまで減った。世界中で真似をするものが続出し、技術的問題でユーザーがゲームから追い出されることもあった。

そして悲劇が襲った。共同ファウンダーのColin Kroll(コリン・クロール)氏が逝去したのだ。これでHQ Trivia内部の問題が悪化した。プロダクト開発は遅く、主要ユーザーは飽きていた。新しいタイプのゲームやバイラル機能の実装も遅すぎた。

社内では反乱が起き、社員は取締役会にユスポフ氏の辞任を要求しようとした。計画を察知したユスポフ氏は首謀者らを解雇。社内の士気は低下した。2019年7月、ダウンロード数は1年前のわずか8%に落ち込み、社員の20%がレイオフされた。HQの総インストール数は1500万件を記録し、ピーク時の2018年2月には200件だったが、Sensor Towerによると2020年1月はわずか6万7000件だった。

HQ Triviaの凋落は、ゲーム業界およびスタートアップ全体の脆弱性を露わにした。一時的な人気は将来の成功を約束するものではない。プロダクトは常に進化を続け、存在感を維持するためにユーザーの希望に応える必要がある。経営チームは、不透明な状況の中、あるいは時の流れの速さに会社が弱っているときでも、チームとの対話を続けながら前へ進まなくてはならない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook