Gusto
Rippling
人事

人事ソフトのRipplingとGustoが広告看板をめぐり「どちらもどっち」な言葉のバトル

次の記事

一斉風靡したクイズアプリ「HQ Trivia」が買収中止で急遽閉鎖

企業向け人事サービスを提供するZenefits(ゼネフィッツ)が問題を起こし、CEOのParker Conrad(パーカー・コンラッド)氏が追放されたときのことを憶えておいでだろうか。そのコンラッド氏が、Rippling(リップリング)という従業員の新人研修スタートアップを立ち上げたが、「Gustoを超えた? なら今すぐ変わろう」という別の人事サービス企業Gusto(ガスト)との比較広告を出している。

問題は、Gustoがこの広告を取り下ろすよう、Ripplingと広告看板の管理会社Clear Channel Outdoor(クリア・チャンネル・アウトドア)に停止命令を出したことだ。通常、比較広告は内容が正しい限り法的に許されるため、これは異例だ。Gustoは人事、福利厚生、給与計算のソフトウェアを販売している。Ripplingも同様のソフトウェアを販売しているが、それにIT管理を加えて従業員識別プラットフォームと統合している。

Ripplingが私に伝えたところによれば、同社に乗り換える顧客がその最大の理由に挙げているのが、企業の成長にGustoが追いつかなくなったことだという。Gustoの顧客事例には、61人以上の顧客は記されていない。Enlyftの調査では、同社の顧客は社員数10人から50人の企業が中心となっている。「2019年、Gustoのプラットフォームを去ったとき、我々がGustoにとって最大の顧客でした。彼らの製品は我々の事業規模には適していないと、正直に事実を話してくれました。昨年の秋にRipplingに乗り換えて、大変に満足しています」と、Compass Coffeeの共同創設者Michael Haft(マイケル・ハフト)氏は語っている。

それらの話を総合すると、広告におけるRipplingの主張は妥当に思える。しかし、停止命令では「Gustoの顧客には従業員数が100名を超える企業が複数あり、特定規模の事業がそのプラットフォームの許容度を超えるとは言っていない」と述べられている。

TechCrunchに提供された社員向けの電子メールに、RipplingのCMO、Matt Epstein(マット・エプスタイン)氏は「法的要求は真摯に受け止めますが、失笑を禁じ得ません。Gustoはそのウェブサイト全体で、スモールビジネスにフォーカスすると言っているのです」と書いていた。

そこで、Gustoを法廷に引っ張り出したり、Clear Channel Outdoorに広告看板を取り下げるようつげる代わりに、コンラッド氏とRipplingは小洒落た手に出た。停止命令にシェークスピア張りの弱強五歩格の韻文で返答したのだ。

Our billboard struck a nerve, it seems. And so you phoned your legal teams,
(我らが広告が気に触り、あなたは弁護士に電話した)
who started shouting, “Cease!” “Desist!” and other threats too long to list.
(彼らは叫んだ。停止だ! 差し止めだ! その他おびただしい脅しの言葉を)

Your brand is known for being chill. So this just seems like overkill.
(あなたのブランドは穏やかさが定評。なればこれは少しやりすぎ)
But since you think we’ve been unfair, we’d really like to clear the air.
(だが我らを不当とお考えのようなので、誤解を解きたく存じます)

Ripplingの顧問弁護士Vanessa Wo(バネッサ・ウー)氏は書簡をしたため、「Gustoが規模の拡大を目指していたとき、私たちはあなたがたが既製品に頼るのを見ていました。あなたがたのソフトウェアは力不足だった。そこでWorkdayに助けを求めざるを得なかった」と、Gustoの人事ツールでは100人を超える従業員には対応できず、大きな業務用ソフトウェア企業に頼ることになったことを示唆した。この書簡は、Gustoに停止命令を取り下げ、意味のある競争をしようと暗に提案して締めくくっている。

So Gusto, do not fear our sign. Our mission and our goals align.
(さすればGustoよ、我らが広告に恐れることなかれ。我らが使命と目標は同じ)
Let’s keep this conflict dignified—and let the customers decide.
(不毛な争いは止めて、消費者の選択に任せよう)

RipplingのCMOマット・エプスタイン氏は「あちら側の人たちは競争を不快なものと考えているようですが、企業が切磋琢磨すれば消費者が得をするのです。この愉快な詩が、言い争いを土に戻し、市場に競争が起きることを期待しています」と私に話している。

Gustoの停止命令に返したRipplingの韻文Josh Constine提供。

Ripplingは、この顛末はすべてが滑稽な笑い種だと思っているかもしれないが、これは少々時代錯誤の受け狙いに見える。エミネムの「8マイル」での気迫に満ちたライムとはほど遠い。本当に消費者の選択に任せたいのなら、停止命令を受け入れて次に進むか、広告を一切取りやめる方法もあったはずだ。広告看板は他にもまだ4つあり、それらは競争相手を非難する内容にはなっていない。とはいえ、その広告看板を下ろさせようとするGustoも狭量だ。それに、大規模なチームに対応する準備ができていないことを隠している。

我々は、先週末と17日、停止命令を取り下げる気はないか、Ripplingによるバスの広告も停止させるのか、本当に内部でWorkdayを使っているのかについてGustoにコメントを求めた。

Gustoの広報担当Paul Loeffler(ポール・ローフラー)氏は、「これはブランドを維持するための通常の業務」だと語った。そしてGustoについては「中心はスモールビジネスですが、そこに特化しているわけではありません」と話した。そして「Gusto自身が大企業に成長するに従い、私たちの多くの顧客とは別のニーズが生まれ、Workdayに移行したのです」と認めた。

最後に彼は「私たちは、より多くの企業が新しいソリューションを生み出し、企業による従業員のケアと支援がより簡単になることをとてもうれしく思っています」と明言した。そのひとつを訴えたにも関わらずだ。もしGusto自身がGustoを超えて成長したのなら、広告が顧客に訴えている内容も、まったく事実だと言える。

Gustoは5億1600万ドル(約566億円)を調達している。Ripplingの調達額の10倍だ。ならば、Ripplingよりも多くの広告費を使えるし、どんなに顧客企業の従業員が増えても対応できる人事ツールを開発できるのではないかと思われるだろう。GustoもRipplingもYコンビネーターの出身で、クレイナー・パーキンスがメインの投資企業になっている(利益相反か?)。そのため、彼らにはまだ矛を収めるチャンスがある。

少なくともこの2つの企業は、先週末の間、人事業界を楽しませてくれた。

[原文へ]
(翻訳:金井哲夫)