タニコー
コネクテッドロボティクス

コネクテッドロボティクス渾身の食洗機ロボを初披露、自動蕎麦ゆでロボは3月中旬に駅そば店に導入決定

次の記事

「インバウンド業界カオスマップ」2020年上半期最新版が公開、約1400サービスを網羅

コネクテッドロボティクスは2月18日から21日までの4日間、千葉の幕張メッセで開催されている「国際ホテル・レストラン・ショー」に出展し、同社開発のさまざまなロボットを展示している。

たこ焼きロボットの「オクトシェフ」

TechCrunchではもはやおなじみの、たこ焼きロボットの「オクトシェフ」、ソフトクリームロボットの「レイタ」、コンビニエンスストア向けのホットスナック調理ロボットの「Hot Snack Robot」の改良版などの動きを実際に確かめられる。

ソフトクリームロボットの「レイタ」

同社は「調理をロボットで革新する」をミッションに掲げる2014年2月設立のスタートアップ。単純だが過酷な作業をロボットに任せることで、スタッフがクリエイティブな仕事に注力できるように、さまざまなロボットを開発している。ロボット自体は汎用のアームロボットを使うのが特徴で、AIや画像認識などによって飲食店内の各種作業に最適化した動きを実現する。

コンビニエンスストア向けのホットスナック調理ロボットの「Hot Snack Robot」

今回の目玉は、業務用厨房機器の総合メーカーのタニコーと共同開発した「どんぶり食洗ロボット」と、3月中旬にJR東小金井駅の駅そば店に導入される「そばロボット」。どんぶり食洗ロボットは、タニコーの既存の食洗機をベースにコネクテッドロボティクスが独自設計したカスタム品だ。

テクノロジー満載のどんぶり食洗ロボット

どんぶり食洗ロボットは、同社の画像認識技術でどんぶり、小皿、汁椀、コップという4種類の食器を識別し、アームロボットに取り付けられた吸盤で各種食器を食洗機のラックに収納していく。食器はすべて裏返しにして置く必要があるが、重ねてもOK。スタッフは下膳した食器を洗い場まで持って行き、残飯などを取り除いた状態で食洗機レーンに放置するだけで、あとはロボットに作業を任せられる。

ロボットはアームの先端に搭載されている吸盤を使って各種食器を水を張ったシンクに付けていく。このシンク内は水の流れがあり、汚れが落ちやすくなっている。

また、どんぶりはシンク内に設置されている回転ブラシ、汁椀は同様にシンク内に設置されているシャワーで大きな汚れを落とせる。そのあと食器は食洗機のラックに移されていき、ラックがいっぱいになればそのラックをロボットアームが食洗機に押し込むという流れだ。アームには、吸盤のほか、ラックを食洗機へ押し込んだり、食洗機から引き出したりするためのパーツも備わっている。

洗浄を終えた食器は、もう1本のアームロボットによって食洗機からラックごと引き出され、洗浄前と同様に画像を認識しながら各食器を決められた場所に移動する。洗い終わった食器の移動が終了したらアームロボットが食洗機側にラックを戻すと、もう一方のアームロボットが再び動き出すという仕組みだ。ラックの配置場所は2本のアームロボットの操作で循環するようになっているので、洗い場から食器がなくなるまでロボットは働き続ける。

どんぶり食洗ロボットには、同社が開発した高度な画像認識・AI技術が導入されており、食器と特性するためのマーカーなどは不要だ。食器の汚れなども認識し、シンクで予備洗いするなど芸が細かい。このロボットを導入することで、30分で20〜30人分の食器を洗浄できる。同社によると、最大12種類の食器を認識することが可能とのこと。今後チェーン店での実証実験を進めていくそうだ。

東小金井駅への実戦配備間近のそばロボット

そばロボットは、JR中央線・東小金井駅構内の駅そば店「そばいち nonowa東小金井店」への試験導入が決定している。そばいちは、JR東日本のグループ企業である日本レストランエンタプライズが運営する店舗で、店内で生そばを茹でるのが特徴だ。コネクテッドロボティクスで1本のアームロボットで、茹で、ぬめり取り、水締め、水切りの4つ動作を実現。生そばから茹でるため、茹で麺機に投入してから100秒待ってぬめり取り用シンクにつけ込み、その後、水締め用のシンクに移動、最後に軽く水切りをして一連の工程を終える。その後は、スタッフが再度水切り後、そばつゆを入れたり、天ぷらをトッピングすれば完成となる。

このロボットでは1時間に40杯のそばを茹でられる。同社によると、そばロボット自体は1時間に80杯を作る能力があるとのこと。

また一度茹でられている冷凍そばや、事前に茹でたそばを茹で麺機で温めるだけの駅そば店であれば、茹で時間を短縮できるほか、ぬめり取りの工程を飛ばせるので短時間でさらに多くのそばを作れるそうだ。

そのほか、同社のブースでは従来に比べて安価なアームロボットを利用したビールサーバーロボも展示されている。