インバウンド

「インバウンド業界カオスマップ」2020年上半期最新版が公開、約1400サービスを網羅

次の記事

人事ソフトのRipplingとGustoが広告看板をめぐり「どちらもどっち」な言葉のバトル

今年は東京オリンピックが開催され、政府は年間で訪日外国人旅行者4000万人を誘致する目標を掲げている。そんな背景もあり、訪日外国人を受け入れる対策や環境の整備が進められ、ここ日本でも様々なサービスが誕生してきた。そんな数多くのサービスを、「訪日ラボ」を運営するmovがカオスマップにして、2月18日に公開した。

題して、「インバウンド業界カオスマップ 2020年上半期最新版」。movいわく、このカオスマップを作成した理由は「拡大を続けるインバウンド市場において、各事業者、自治体の担当者レベルでどのようなインバウンド対策ソリューションが存在し、サービス事業者がいるのかを把握するのは困難」なため、「インバウンド業界に乱立する様々なソリューションなどを把握出来るように」。

TechCrunch Japanでも様々なカオスマップを紹介してきたが、約1400サービスを網羅しているのは圧巻だ。こちらから無料でダウンロードできるこのカオスマップはよく工夫されていて、各サービスのロゴをクリックすることで、サービスの詳細を訪日ラボで見ることができるようになっている。

このカオスマップでは、サービスを「プロモーション」、「分析・マーケティング」、「受け入れ環境整備」の3つの大カテゴリに分類。MATCHA、Discover Japan、Time Out Tokyoなどの情報サイトから、荷物預かりのecbo cloak、BESPOKEなどのチャットボット、そしてSTAY JAPANやairbnbなどの民泊系までを網羅している。

インバウンド業界カオスマップは半期に一度の改定、更新を予定しているという。