アメリカン・エキスプレス・インターナショナル
ジェーシービー
ビザ・ワールドワイド・ジャパン
セブン‐イレブン・ジャパン

セブン‐イレブンが6月からNFC Type A/B非接触決済に対応へ

次の記事

コネクテッドロボティクス渾身の食洗機ロボを初披露、自動蕎麦ゆでロボは3月中旬に駅そば店に導入決定

セブン‐イレブン・ジャパンは2月18日、 ビザ・ワールドワイド・ジャパン、ジェーシービー、 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル、三井住友トラストクラブ(ダイナースクラブカード発行会社)と提携し、6月から全国のセブン‐イレブン2万964店(2020年1月時点)でNFC Type A/Bよるクレジット、デビット、プリペイドの各種カードの非接触決済サービスを開始予定であることを発表した。

セブン‐イレブンに設置されているレジが内蔵するNFCリーダーにカードをかざすだけで、サインや暗証番号の入力不要で決済できる。交通系ICカードやiD、WAONなどと同様の感覚で決済が可能になるわけだ。

国内で発行されているクレジットカードやデビットカードの一部は、Apple PayやGoogle Payに登録することで、iDやQUICPay経由でNFC-F(Felica)を使った非接触決済が可能だ。今後はこれらのFelica決済を使うことなく非接触決済を実現できるようになる。

なおVISAによると、日本発行のクレジットカードは国内ではApple Pay経由のNFC Type A/Bでの決済には対応していないが、Google Payでは一部VisaのデビットカードでNFC Type A/B決済が可能だ。

国内のコンビニ最大手のセブン‐イレブンがNFC Type A/Bの決済に対応することで、今後国内の小売業でNFC Type A/B決済が広がる確率が高まってきた。