ブラーバ
iRobot(企業)

iRobotが掃除ロボ最新モデル「ルンバ s9+」を発表、吸引力は前モデルi7の4倍、600シリーズの40倍

次の記事

テスラも含め高度なAI開発は規制すべきとイーロン・マスク氏が提言

アイロボットジャパンは2月19日、掃除ロボットの最新モデル「ルンバ s9+」を発表した。発売日は2月28日で税別価格は16万9800円。一部のアイロボット認定販売店アイロボット公式ストアにて販売される。本体パッケージには、Clean Baseや交換用フィルター、交換用コーナーブラシ、交換用紙パックがそれぞれ1個付属する。

関連記事:iRobot最新の掃除ロボとモップロボはデバイス間通信によりシンクロ掃除可能に

s9+はアルファベットのDの形に似た形状となっており、丸みを帯びていないフラットの部分が前面になる。D形になったことで壁際の掃除でのゴミの取り残しが軽減される。s9の正面に向かって左下には、長さ30mmほどの5本のブラシが備わっており、正面下に設けられた吸入口にゴミを集める仕組みだ。昨年国内て発表された前モデルのi7ではこのブラシが3本だった。

i7+と同様に、専用ゴミ箱のClean Baseが用意されており、ルンバが集めたゴミをClean Baseが吸い出して溜め込み、Clean Baseの上のフタから簡単に捨てることができる。

また、床拭き掃除ロボットの「ブラーバジェットm6」との協調掃除を可能にする「Imprintリンク」も搭載する。具体的には、ルンバとブラーバがクラウドでつながっており、ルンバで掃除を終えると、ブラーバーが水拭きする。

s9+の発売を記念して、ブラーバジェットm6のセット製品を税別21万9800円で3月31日までの期間限定で販売する。別々に購入すると税別23万9680円なので2万円程度割引となる。

家の間取りをマッピングして最適なパターンで掃除できる「Imprintスマートマッピング」機能も搭載。専用のスマートフォンアプリを利用することで、進入禁止エリアを設定できるほか、外出先からルンバをコントロールすることも可能だ。

写真に向かって左がルンバs9+、右がルンバi7。形状や車輪の位置が異なることがわかる

前モデルのi7などに比べてブラシ幅が30%広くなったほか、内蔵ブラシ(デュアルアクションブラシ)は、汚れやほこりを掻き出すゴム製のブラシとそれらを掻き込む逆に回転するブラシにより、AeroVac搭載のルンバ600シリーズに比べて吸収力が40倍に高まったという。同社によるとi7はルンバ600シリーズに比べて10倍の吸引力とのことなので、s9ではi7よりも4倍程度吸引力が向上しているようだ。

ブラシ幅を30%広くできたのは、移動するための車輪を後部に、ブラシの取り付け位置を最前面に移動したことで実現した。

同社は今年設立30周年を迎え、ロボット掃除機の累計販売台数は3000万台を突破。国内での販売実績は明かされなかったが、ルンバe5は15カ月連続で数量シェア1位、ルンバ s7+は11カ月連続金額シェア1位、売上は金額比でプラス20%増を達成したとのこと。

s9+は米国発売から9カ月遅れての発売となるが、同社CEOのコリン・アングル氏によると「地域によって市場投入の時期を変えている」、日本法人の代表執行役員社長の挽野 元氏によると「米国やドイツで先行販売して、そのフィードバックを反映するために日本投入の時期が遅れた」と語った。