カナダのオンライン薬局PocketPillsが全国展開へ8.2億円調達

次の記事

Spotifyのポッドキャストのページがアップル風デザインに

カナダで唯一のオンライン薬局をうたうPocketPillsが全国展開に向け新たに735万ドル(約8億2000万円)を調達した。

Pacific Blue Crossといった保険業者との提携を通じて、PocketPillsは処方箋薬の自己負担を軽減する。「他の薬局と同じように我々は市民がプラットフォームに参加できるオプションをもっている」と共同創業者で最高執行責任者のHarj Samra(ハージ・サムラ)氏は述べた。

サムラ氏は2018年に、カナダで全国展開している薬局の経営者Raj Gulia(ラジ・グリア)氏と、シリアルアントレプレナーでRocketFuel共同創業者のAbhinav Gupta(アビナブ・グプタ)氏とともに創業した。RocketFuelの新規株式公開後、グリア氏とサムラ氏の方から接触があったとき、グプタ氏は消費財会社に関するいくつかのアイデアを温めていた。

そして3人は保険会社が節約できるよう、オンライン薬局モデルをカナダにもってこようとPocketPillsを立ち上げた。

「保険会社にとって、カナダでは後発医薬品の使用が米国に比べ浸透していないことが問題となっている」とグプタ氏は話した。「その差はかなりかなり大きい。後発医薬品の充足率は米国が90%なのに対し、カナダは70%だ」。

PocketPillsは、通常のカナダの薬局が扱わない規制のある薬や催眠剤などもカバーする。同社がこれまでに対応した処方箋の多くは、慢性的な症状のものだ。

同社は、注文の管理などを行うフルフィルメントセンターをノバスコシアに開き、そして間もなくケベックにも開所し、全国展開を視野に入れている。

成長と継続的な発展を支えるために、PocketPillsは投資会社Waterbridgeに735万ドルの支援を求めた。

「PocketPillsはテクノロジーのイノベーションを通じて、いいタイミングでカナダのヘルスケア産業にかなりの価値を生み出そうとしている。コスト(保険業者や雇用主)、利便性(患者)、医療(慢性病)とポイントを押さえている」とWaterBridge VenturesのマネージングパートナーManish Kheterpal(マニッシュ・ケターパル)氏は声明文で述べた。

画像クレジット:ironstealth

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi